和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2008.06.14 中川新聞

今日は大工道具を紹介の予定でしたが、社内報なる『中川新聞』について
ご案内します。
今建てている家の紹介や、会社の取組など、活動をご案内したり、お得情報や記事などを、弊社OB客様メインに隔月発行でお送りしてまいります。

今回は創刊号とあって、各家をごあいさつかたがた訪問しつつ、お住まいを拝見したり、不具合の有無を確認したりしています。

私は入社間もないので、OBのお客様方のほとんどを直接存じ上げないのですが、感じたのは、皆様すごく感じのよい方ばかりということ。
品があって、ざっくばらんで、あたたかいんです。
建てた後も良い関係が継続していることに感動しました。

建てた後こそずーっと長いおつきあいが続くわけで、不具合が出たらすぐに来てくれる、依頼の声をかけやすい、大切だなぁと思います。
本当の工務店の良さって人間関係の密なところと小回りがきくところですね。なのに工務店はなかなか生き残っていけない世の中です。
私達はOBのお客様と家に責任を持たなければいけません。
だから会社を継続する義務があるんだなぁと、建築という仕事の重みをひしひしと感じた数日間。

かゆいところに手が届く、つかず離れずのサービス精神、おもてなしの心、
まだまだ磨いてゆかなければならんことだらけです。
初心に戻ってがんばります。

※岩手、宮城周辺の地震ニュースで拝見しました。
 みなさまご親戚や友人知人、気がかりですね。また、亡くなられた方やけが人もいるとのこと。被害が最小限に食い止められるように祈るばかりです。                             二寸ぼうや

このページのトップ へ