和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2008年11月の記事

2008.11.28 我が家の場合

先日テレビを見ていたら戦争遺跡の取り壊しというニュースが流れていました。
大竹市の海岸沿いに建っていたその遺跡は旧海軍潜水学校の探知講堂。一部は保存されるということですが、取り壊し反対の声はかなりあがっていたようでした。

そんなニュースを聞くともなしに聞いていたら、はたと気が付きました。
我が家にも戦争遺跡の一部がある!!
それは


こちら魚専用まな板です。
祖父母は漁業をいとなんでおりました。
このまな板であなごをシューっとさばいていたのをよく覚えています。
今でも魚をさばくときには大活躍しています。
祖母がアジをさばきながら昔語りしたのがこのまな板の出自。

その昔、世界遺産の島・宮島にも砲台がありました。戦争が終わって軍事施設の管理者がいなくなった時、施設の木材はことごとく持ちされれたのでした。物のない時代でありましたし、なんといってもあのころこんなに「厚うてええ板」は庶民の手の届く範囲にはなかったと。
たくさんの人がその恩恵をちょびっとだけ受けたようでしたが、なかには小屋ができるほど持ち帰った人もいたそうです。そのなかで祖母はこのマナ板になるくらいの板きれを一枚頂いたそうで。

戦争が終わって63年、我が家では戦争遺跡の一部でごはんをいただいてきました
なんだか不思議な気分です。

小学生の頃の記憶しかないのでもう20年も前になりますが、宮島の裏にいくと砲台跡らしき海岸を眺めることができました。
たぶん今でもあるのではないかと思います。
中川彩香の最新ブログ情報なら www.elle.co.jp
ELLEオンラインでしか読めない著名人のブログ情報を更新中!
≪公式≫デル/インターネット www1.jp.dell.com
カスタム自在のお買得PCが2万円台より!インテルCorei5搭載。
インタレストマッチ - 広告の掲載について

2008.11.24 ボジョレーヌーボー



どこかのサイトから引用してます。『今年のワイン』を調べていたら素敵な画像がありました。見てみてください。

今年は開花が早く、完熟が遅い、というまれに見るおかしな年なんだそう。
白は安定するであろうが、赤の品質がどう出るか・・・異常気象他のいろんな条件により、できてみないとわからないのだとか。
ただ、まぁそれが自然の恵みってものですから、飲む側の私はあんまり神経過敏でない(笑)。生業にされてる方は冷や冷やでしょうね〜。

ボジョレーヌーボー解禁日のホームパーティーにお呼ばれして行って参りました。ワインは樽で購入してあり、各自1皿自作料理持ち寄り。
(既にここでルール違反してスーパーで購入した物を持って行きました。汗)
皆さんの力作に舌鼓をうちながら、人の作る料理は味覚も新鮮でご満悦モード。シェフ並の方々が勢ぞろいなんで、とても自作料理は・・・持って行けません。

ワインも香りよくてボジョレーだけにあっさりめなので、グイグイと飲んじゃいました。

そういえばドイツに行った時はホイリゲというパブっぽいところで、同じくその年の新酒ワインをグイグイ飲みました。
そして、めずらしく記憶がぶっ飛んだんですよ。
同行した友人に『しっかり者のイメージが、崩れました。ひどい暴れ馬でした。もぅ〜っ』ってかなり怒られました。あははは。詳細は下品ネタなんでここには書けませんが、ワインが相当においしかったのと、陽気な異国の旅行者たち(その時はチリの方々)と『サルーッ』(乾杯)と調子に乗ったところまで記憶しています。

楽しい酒、何歳まで飲み続けることができるか、飲み友達の会、目指せ100人ですわ〜。皆さんありがとう、ありがとう。
                               2寸ぼうや

2008.11.20 カレンダー配り


社長です。

本日は年末の欠かせない行事のカレンダー配りに美川町南桑にやって来ました。

ここには初代の時よりお世話になっている山本製材さんの本拠地です。元々は山師だった今の社長のお父さんが製材所を昭和38年に始めたのが始まりの会社です。現在も錦川周辺の木材を中心に製材をする弊社になくてはならない会社の一つです。

今日は社長と短い間ではありましたが、濃い話がたくさん出来ました。

私にとって実りある一日になりました。

南桑の皆さま、ありがとうございました。

2008.11.19 とことこ

トレインです!岩国周辺の方はご存じとは思います。
ずっと乗りたくて乗りたくてやっと乗ってまいりました!

この「とことこトレイン」は錦川清流線の終点錦町駅からそうづ峡温泉駅まで6kmを走る遊覧車です。もともと鉄道路線ができる予定の路盤跡を走っています。
片道大人600円(錦川清流線に乗ってくると100円割引きがあります。)約40分の旅です。
多いときは予約しなくては乗れないこともあるようです。
私たちが訪れた時も思ったよりも人が多かったですよ。親子連れはもちろんのこと、
60代かと思われるご婦人がたの団体もいらっしゃいました。そうづ峡温泉で同窓会があるとのこと。さすが、地元出身の方たちだけあって、「あー、だれだれちゃんの家!」とか「かわってないねえ」とかそんな声が聞かれましたが、汽車が走る予定地だったところから眺める景色は新鮮だったのではないでしょうか。 
そして「とことこトレイン」一番の目玉はトンネルのなかです。いろいろな色に光る蛍光石で装飾されたトンネル内でこどもたちは大喜びでした。
その装飾には地元の保育園や小学校をはじめいろいろな方が制作に携わっているようでした。
残念ながらトンネル内の写真は撮れてないのですが、いろいろなHPで写真も公開されているのでご覧になってください。実際行くのが一番よいのですが!

今日のように寒くなかったとはいえ、吹きっさらしの「とことこトレイン」に揺られての往復1時間半の旅は体を冷え冷えにしてしまいました。
錦町に着いた時にはさすがの子どもも寒くてふるえていました〜。
幸いその日は「錦町ふるさとまつり」が行われていて地元婦人会のみなさまがつくられた地鶏鍋をハフハフしてあったまることができました!


海辺生まれの私にとって山はとても新鮮でわくわくする景色をみせてくれたのでした。

2008.11.13 七五三


娘の七五三撮影に行ってきました!

写真を選ぶとき写真館の方と一緒にみているのに「かわいい!」を連発しておりました。
親バカだなあと思われていたに違いない!!しかもそんな親たちをたくさんみているのだろうから、ウンザリでしょうね。スミマセン・・・

本人はというと、普段から鏡の前で一人ファッションショーを繰り広げては小芝居をうっている娘なのでノリノリでした。もちろん撮影スタッフの方たちも「キレイ!」「上手!」「かわいい!」とのせるのせる!!自然な顔を引き出すのにクイズをだしたりと、子どもを相手にする御商売の大変さを垣間見ました。

今回は親バカねたでした〜!

2008.11.07 冬の支度


庭に咲いた『つわぶき』です。



冬に食べる野菜です。毎年、『菊菜』『ねぎ』『サニーレタス』『青梗菜』な
どを庭のせまーい畑に植えます。
ちょいと青物がさみしい時に庭からちぎってきて、添えています。

『農作物は足音で大きくなる』と前社長(現在せっせと畑をされている)から聞きました。確かに植物は手間をかけたらかけるだけ答えてくれます。

そしてそれを『うっしっし』と言いながら食べる私。
うまいんですよ。無農薬で採りたて新鮮バリバリ野菜。

子供の頃は土を掘れば『みみず』やら『はさみ虫』やら、出てきたもんですが、今随分いなくなりました。

ブドウがたわわな時期、落ちたブドウに大きい蟻が群がっていました。
じーっと見ていたら、見る間にブドウの周りに小石をピラミッドのように積み上げブドウを隠しました。これを登っては上部からブドウの実を少しずつ巣へ持ち帰るみたいで、数日後、ブドウ本体は影も形もなくなっていました。
誰に教わったんじゃ?その頭の良い技は!!!と思いました。

                             2寸ぼうや




中川彩香の最新ブログ情報なら www.elle.co.jp
ELLEオンラインでしか読めない著名人のブログ情報を更新中!
サントリーのサプリメント www.suntory-kenko.com
今だけ人気のサプリメントが10%増量中!メールマガジン登録も
インタレストマッチ - 広告の掲載について

2008.11.05 宮島にて

先週末の三連休仕事するよりも疲れたニシモトです。

法事に結婚式と人生を凝縮した行事をすませ連休最終日に待ち受けていたのは・・・

ジャーン!!子ども会秋のレクリエーション♪

宮島にてみかん狩りです。

小学校六年間の遠足はすべて宮島だった地元っ子のわたくしも知らなかったので

ご存じない方も多いとは思いますが、宮島にミカン園があるのです。

そこは大元公園から片道約2.5km山あり谷ありの道を進んだ場所にありました。

大年農園といって戦前からこの土地で農家を営んでおられます。

こちらではみかんだけでなくいろんな作物をつくっていて、子供たちはイモ掘りも体験させていただきました。

おまけにお昼には焼きガキまでいただきました!

子どもたちは大喜びです

ただ、大人たちはぐったりでしたが・・・



戦利品です





2008.11.03 門を持ち上げる?


お久しぶりです。
社長です。

只今、以前作らせて頂いた数寄屋門の土台が白蟻の被害にあったので、土台の取り替えのため、門を持ち上げて貰いました。

昔は家引きと言って、家を持ち上げて動かしていたものですが、今では建て替えが多く、重要な建物でない限りやらなくなった工事の一つです。

今回お願いした業者さんも、岩国で唯一の貴重な会社です。

ものを大切にしていただけるお客さまに感謝しております。

中川建設をよろしくお願いいたします。

2008.11.01 バリアフリー

バリアフリーという言葉、すっかり定着した割には・・日本で販売される物
や環境はまだまだ遅れていると感じます。

日常の中で、私はよく両親と風呂または温泉施設に行くのですが、母はメガネをはずして入浴するので、シャンプーとリンスの文字が読めなくて困っています。いつも隣に座って教えてあげます。

先日風呂の中で思いついたことですが、ポンプのてっぺんに浮き出し文字でシャンプーの『シ』とリンスの『リ』とかをつけてくれないかな〜と。
目が見えなくても、触って分かります。これ以外の平らなのがボディーソープっていう区別もできます。
どうでしょう、この案。どっかのメーカーが採用してくれないかな?

それとロッカーのカギ、うまく鍵穴にささらないで困っている方多いんですよ。ひどい所は暗証番号押すんですが、これまた文字が小さすぎるし、目の悪いわたしは見えにくくてやっかいです。

これだけ防水機能の携帯などが出ている世の中なのに、ロッカーキーもピタッと当てるだけで解錠できる防水キーできそうな気がするんですが。
全部統一してくれると助かります。

高齢社会になってもあんまりバリアフリー実感できる場面少ないですよね。

今、リフォームしています。既存の床に『追い貼り』といって上に床板を貼っています。無垢の15ミリの床板を貼ると、昔の敷居との段差がちょうどなくなります。ちょっとの不便を解消すると実に生活が楽になります。

バリアフリーの視点を意識して身の周りを見直してみようと思います。

                              2寸ぼうや

このページのトップ へ