和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2009年6月の記事

2009.06.30 おすすめフキン



最近使っているフキンをご紹介します。

もともとよく出回っているレーヨンのフキンがどうも好きではありませんでした。
きたなーくなってくるのと拭いたあと繊維が残るのが。

ということでいろいろ試して落ち着いたのがコチラです。
とにかくよく吸うんです。
こぼれたものの吸い取りにはかなり力を発揮します。
台所用だけでなく、家具や仏壇などのふき掃除にも。

また、使い終わったら自然に還る100%天然繊維のところもナイスです。

昔からずっと使い続けられているものもよいですが、たまには新しいものを試してみるのも楽しいですね♪

2009.06.29 お風呂を壊すと・・・

リフォーム工事でお風呂(在来)を壊すと写真のように柱や土台が腐った状態で出てくることが多いです。


このままユニットバスを入れるわけにも行かないので、柱の交換や一部継ぎ足しで対応します。(社)

2009.06.24 新商品情報

インテリアコーディネーター協会から定期的に新商品情報や、公演会などの案内がきます。今回は夏の窓辺に似合いそうなカーテンレールとオモシロ椅子をご案内。



【イス】・・・フランスの老舗メーカー【ロゼ社】のオリジナルブランド【リーン・ロゼ】は世界中のデザイナーとコラボして、コンテンポラリーなデザインを発信し続けています。
デザイナーはC&B ルフェーブル。
ビデオゲームに最適で、馬乗りに座って両足でバランスを取るという、先端で斬新な椅子です。



【夏の窓辺】・・・写真はイメージ写真ですが、夏場のインテリア演出は、できれば照明を蛍光灯にされるとスッキリしたイメージになるのと、暑くない(笑)です。
窓辺のカーテンは面積を占めるので、薄地の涼やかな物に変えましょう。
クッションカバーなどは白+ベージュ+ブルーなど薄めの色でまとめると爽やかに過ごせます。




【カーテンレール】・・・アンティークとスタイリッシュのレールです。
このほかにもたくさんあります。家の雰囲気によりセレクトできるように昨今は種類もデザインも相当に増えました。
窓辺を少し変えるだけでも気持ちがリフレッシュしますので、この夏リニューアルされてみてはいかがでしょうか?

                             2寸

2009.06.23 緑のカーテン

家では真夏でも冷房なしで過ごしております。
暑いのはまあ、大丈夫です。
我が家の台所は西日がザンザンと照りつけ、夕食の支度はモンモンとした空気のなか行います。
それでもいいのですが、今年はもう少し快適にできないものかと西側に「緑のカーテン」を生やしてしまおう!計画をたてました。
朝顔みたいなオーシャンブルーを植えちゃるんじゃけん!と高さのあるプランター(根が張るらしいので、深い鉢のほうがよいらしいです)を買いに行ったまではよかったのですが、そのあとがまったく続かずプランターは空のまま・・・。
祖母が朝顔を植えていたのでそれを頂戴して家の西側に置こうとしたら、そこは水やりが大変じゃけダメと止められ、結局南側に朝顔の緑のカーテンができることになりました。父が2階まで縄を張ってくれたので、これからが楽しみです。しかし、縦だけではなく横にもツルがつたう何かがないと隙間ができて熱が防げないのではないかと・・・う〜ん

2009.06.22 トライアスロン 完走しました。



社長です。

昨日は「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会」のリレー部門の自転車で参加しました。
結果は34チーム中31位(完走チーム中最下位)でしたが、私個人の結果としては、2時間40分55秒で18位と自分ではなんですが、もらい物の自転車で練習し始めて2ヶ月ちょっとの割にはがんばったのではないでしょうか。トータルで結果を見ると個人で出ている人も含めると120人くらい抜いたことになるようなので驚きです。

3人ともが素人というチームでしたが、それでも完走出来たということは、だれ一人あきらめなかったからでしょう。ホントに皆よくがんばった。スゴイ!!

本日は疲労が残っていますが、気持ちがスッキリしています。

これからも程よい運動を続けて目標の脱メタボを達成してみせます。
(今回はほとんど体重差がなかったんです。)

2009.06.22 アフター訪問

今日は昨年リフォームしたお宅に久々の訪問をしてきました。
ペアガラスに変えたのですが、この効力が想像以上にすごい・・・とのこと。
1冬を越して頂いての感想は、暖房もほとんどつけなかったとのことで、外温度の影響を受けにくくなり、朝日の照りつけも緩和され、雨の音も気がつかないほどになられたのだそうです。
壁は塗り壁にしたのですが、湿気の調湿もしてくれるので、とても快適に過ごされていました。
他には提案していたけど取り込まなかった項目(換気扇やプリーツスクリーン)をやっておけばよかった、とか、インテリアの色もあんなに悩んだけどしっくり馴染んでいい感じ、だとか、オーディオ収納に扉を付けたいとか、住んでみて感じるご感想なども細かく頂きました。前の状態が既に思い出せない!!木はやっぱり落ち着くね、とおっしゃって頂き、今のリフォーム後の生活にご満足のご様子に大変嬉しく感じました。
こうして頂くご意見を参考に、今後更に反映させていきたいです。
K様、本日はありがとうございました。       2寸

2009.06.20 いよいよトライアスロン


社長です。

明日は実家のある廿日市でトライアスロンが行われます。
私はチームで出場となります。担当は自転車です。

明日は雨となりそうですが、曇りくらいで勘弁して欲しいな。

写真は前夜祭の風景です。

がんばります!!

2009.06.19 季節の行事

毎年の恒例行事を終えて約2週間たちました。
梅酒をつけることです。
今年はホワイトリカーとスピリッツ2種類につけてみました。
去年から梅と砂糖を2:1の割合にしてみるとすっきりとして飲みやすくなりました。
そして、子ども用に梅シロップです。
漂白していないきび糖でつくっています。こちらは腐敗防止に少し焼酎と酢をいれ、砂糖がはやく溶けるよう毎日かき混ぜています。
しかし、冷暗所不足でいまだに台所の片隅で、しかもラジオの台にされてしまっています・・・



今のところまだ超簡単な果実酒のみですが、来年の冬にはみそ作りにチャレンジしてみたいと思ってます。
そして豆腐やしょうゆ、マヨネーズ、焼き肉のたれ、ハムやソーセージ・・・
思いだけは果てしなく♪

2009.06.18 増築工事

最近、増築工事が始まったので増築工事に関してお話させてもらいます。


新築工事は華やかで、とても大工の技術がいるように思われがちですが、実は増築工事こそ、大工の技術力と経験が試されるといって過言ではありません。

なぜ難しいかポイントを挙げさせてもらいます。

�@出来ている家にあわせてつくるための頭の柔軟性。
�A何にでも合わせられる技術の引き出しの多さ。
�B既存の家が必ずしもまっすぐ立っているわけではないこと。
�C住みながらの増築なら、スピードも必要。
�Dセオリーの作業手順が通用しないこと。
�E見えないところを予見する能力。
�F新築では当たり前のプレカット(工場で材料を刻む)がしにくく、手刻みが必要なこと。
�G予期せぬことが多発するので、何にも動じない経験値。

まだまだあると思いますが、ざっとこんな感じです。

今回は、当社最年長の西原棟梁の経験値を頼りに現場を進めて行きたいと思います。(社)

※写真は当社加工場での増築工事に向けての手刻み風景

2009.06.17 調味料ラック活躍!!



我が家の調味料棚です。大きくするとこんな感じ。



もともとは捨てる直前にもらった食器棚です。下の収納は調味料を・・・と思っていましたが、なにせ手前の物ばかり使って奥が取出しにくいですよね?
そこでワインラックをヒントに傾斜のついた棚を作りました。
こうすると、床面積よりはるかに沢山の物が収納できます。
そして均等に取り出しやすくなりました。う〜んと便利です。
日曜大工DIYが少々得意な方は是非作ってみてください。
棚サイズぴったりに作れば無駄なく空間が生かせますよ〜。

                                     2寸

2009.06.16 通勤途上にて


ちょびっと自転車通勤をはじめて約一か月がすぎました。

私のサイクリングロードは通勤時間帯にも関わらず、極端に通る人・自転車の少ない道なのですが、おなじみさんはいらっしゃいます。(私のなかでだけです)

同じように自転車通勤らしき方、ランニング通勤らしき方、通学途上の自転車男子高校生(←女の子は皆無!)ウォーキングやランニングに励んでいらっしゃる方・・・・
ものすっごいおじいちゃんが、亀の歩み程の速度でランニングをしてらっしゃるのをほぼ毎日みかけます。
これからの暑い季節にぶっ倒れないことを祈りつつすれ違っています。
また、虚弱な男子高校生くん。ウエストは私の半分くらいでおばちゃんの私がママチャリで抜かしてしまえるほど弱弱しいこぎっぷりです。
そんなこんなで短い距離ながら楽しんでいます♪

「キャー!!カオナシ!!!」に遭遇かとおもいきや
黒い農作業風ほっかむりを肩まで垂らし、顔全面を薄い布で覆っているご婦人でした
こんな私(上の写真)がいうのもなんですが、絶対に日焼けしたくない意気込みがものすごく伝わってきます。
ぶつかったりしないかなあ。
イメージ↓

2009.06.15 造り付け2段ベッド

最近リフォームした子供部屋を紹介します。


電車の車窓越しのような感じですが、2段ベッドの上を廊下から撮った写真です。
実は計画ではこの車窓はなかったのですが、工事中にあまりの狭さから、プライバシー確保は必要は無しとの判断で空けられた穴です。しかし、この穴がなんとも楽しげでたまりません。


このベッドにはこんな作り付けの梯子で登ります。
ハッキリ言って上りにくいことこの上ないですが、入口を確保しながら上に上がるためにはどうしてもこれ以上のことが出来ませんでした。


やっぱり予想通り、子供たちは基地感覚で楽しんでおりました。
一畳そこらの空間に4,5人で遊んでました。


床にはこんな感じで、畳が敷いてあります。
この上に布団を敷いて寝ます。
棚や照明もポイントです。

かなり狭く厳しい条件だったのですが、ようやく完成し、喜んでもらっていることが何より嬉しいです。(社)

2009.06.15 ぶどう棚のすすめ


だんだんと暑くなってきましたね。しかし今年は渇水も懸念される感じですね。
そんな中、我が家の庭のあじさいは雨水のみを精一杯吸って、毎年素晴らしく咲いてくれます。

さて、暑くなると感謝のぶどう棚。
葉がぐんぐん育ち、弦を張るので、夏の日よけに役立ってくれます。
木陰の下は他と2度温度が違うらしく、我が家のこのエリアは父のくつろぎスモーキンエリアとして昼夜活躍中。
このぶどうの木、どこからか種が飛んできて、勝手に自生したのですが、家を建てた43年前から我が家の一員となっています。



さて、ガーデニング・家庭菜園も真っ盛り。
生り物は夏の食卓をにぎやかにしてくれるので、今年もトマト・きゅうり他、育てています。我流なのでもっと甘く、うまくの方法があるのでしょうが・・・。


これらガーデニング用品でよく使う物も、日曜大工収納ラックを取り付けて、ササッと使っては納められます。とっても便利。よかったらお試しください。  2寸

2009.06.09 いってきました!

広島の新球場です♪


6月6日のソフトバンクス戦です。
初めての新球場。指定席はさっさと売り切れてしまったので自由席。
開場は10時なので、ちょっと並んでいい席をとりました!
2時の試合開始までたっぷり4時間、ゆっくりと新球場見学できました。

話題の寝ソベリア

そして外野側からみた様子

上の寝ソベリアや砂かぶり席、ドリンクフード付きのカウンター席などいろんな席があって話題となっていますが、ぜひ行ってみたいのが「びっくりテラス」!野球観戦しながら焼肉ができます〜。きっと観戦どころではなくなると思いますが。
今回座った内野自由席も広く快適でした!しかも、グットポイントはデーゲームの時に日陰になるのです。特に一塁内野寄りはゲームが始まる2時頃には完全に日陰でした。季節にもよると思いますが、これは女性にはうれしい点ですよね!

次に気になるのは食。食べ物屋さんは多くなりました。おなじみのカープうどんをはじめ丼ぶり屋さんやサンドウィッチ屋さんなど。
旧市民球場しか知らない身としては夢のようです♪

肝心の試合内容は・・・大負け・・・しかも大雨で試合休止・・・


新球場には野球に興味がなくても遊びに行くだけでも楽しいかも!ですよ^^

2009.06.08 上下の柱が一直線になるように

1・2階の柱の位置を合わせると強い家になる。

言葉通りですが、このことに縛られすぎても住み良い家にはなりません。
このことを念頭において、他とのバランスをとって計画するのがプロの仕事でもあります。(社)

2009.06.06 造作家具はクチャラフスケッチで始まる



このくちゃくちゃな、図面の隅っこに書いた、家具スケッチが見えますか??
私はいつも、プランを作り、本格図面になる頃までに、内部に造りつける家具のイメージも大体固めます。
この頃には、施主さんの好きな系統の材料・色が分かってくるので、その辺りも加味しつつ、使いやすさやと周りとのとりあいやバランス、こうしたらどうかな〜という工夫なんかも含めて、いろいろとパターンをスケッチします。
家具を製作して下さる方へ、このラフスケッチとあらましな寸法で打合せをします。
(こんなんでよく意をくんで下さります(汗))

当社は少人数でやる工務店だけに、設計・工務・コーディネーター・営業のどの分野がどの仕事をするなんてことがありません。
その分、トータルでお施主さんの意向も理解しやすく、思う存分に全業種を通しで関わるので、情熱を注げるってもんです。
この一見地味〜な、考えてはスケッチするという作業、実は大好きなんです。
本当にオタクだなぁと自分でも思いますが、好きでたまらないんです。
これが形になっていく、施主さんが喜んでくれる、の過程もたまらなくいいです。

もうひとつ、趣味は、私のドリームハウスプランニング。
仮想の家は何十件と建てました(笑)
趣味というか、好きなことを仕事にできて、まったく幸せなこってす。 

さて、上記スケッチの家具は新築のK様邸に取りつきますんで、完成が楽しみであります。                                2寸

2009.06.04 南に広く開いた家

南側に向いて冬、よく日のあたる家は夏も涼しい。冬は日が入り、夏は太陽の位置が高いから、庇さえつけておけば、いくらでも太陽の日をさえぎることができる。それに夏は南のほうから風が渡っているので、家に風が気持ちよく入って涼しい。(社)

2009.06.04 ポスト



赤い丸ポスト、最近激減しましたね〜。
今日、暑中見舞いはがきを購入して、頂きました。
会社に置いて恵まれない私への寄付金を募る予定でございます(笑)

さて、引き続き建築話も。

機能とセンスの両者を兼ね備えて初めて家として満たされる、と社内共通認識のもとで
家づくりをしています。

長年携わっていると行き着くところはどんどんシンプルになりつつ、施主さんが気づかないところに手間をかける、という姿勢に落ち着いてきました。

先日も着工のお客様に下の模型を見て頂いた際に感激しておられました。



窓枠、ドア枠などの角をとめる方法です。



45度に切った木材を突きつけ合わせていると思っておられる方が大半ですが、実は内部では巧妙な技が施されています。
このひと手間で、何年経っても角がずれないのです。
しかし、見えない所だからやらなくても施主さんにはほぼわかりません。
今はこれらをきちんとされる大工さんが減りつつあります。
当社は丁寧に、見えなくても価値のある仕事をする姿勢だけは守ろう、と決めています。

                                2寸

2009.06.01 強い柱

木造の柱の一番のポイントは、芯持ち材にすることです。


当社の柱は、国産の桧で樹齢80年以上の芯持ち材を使用しています。
写真の柱にある割れ目は「背割り」といって、柱のほかの部分にひび割れを起こさないために入れているもので、見えない場所や見えにくい方向に向けます。(社)

※芯持ち材:年輪の中心のある木材のこと。

このページのトップ へ