和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2009.06.01 強い柱

木造の柱の一番のポイントは、芯持ち材にすることです。


当社の柱は、国産の桧で樹齢80年以上の芯持ち材を使用しています。
写真の柱にある割れ目は「背割り」といって、柱のほかの部分にひび割れを起こさないために入れているもので、見えない場所や見えにくい方向に向けます。(社)

※芯持ち材:年輪の中心のある木材のこと。

このページのトップ へ