和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2009年9月の記事

2009.09.30 石鹸オンパレード



日常使いの生活小物を紹介シリーズその�A、本日は石鹸です。
どうも肌が弱いらしく、金属アレルギー・化粧品アレルギーがなど出易くて、吹き出物ができたりかゆくなったり・・・で、ボディーシャンプーをやめてから約1年経ちました。
石鹸にしてすこぶる調子がよいのですよ。

現在もいろいろ見つけては買い、試しています。
ハマり中はトマト石鹸・オリーブ石鹸(私は人格肌質共に脂っこいので気に入ってます)
そして最近安くていいのが「まるは油脂化学」さんの『生石鹸』です。
石鹸置きに置いておくと水にズルル〜と、とけてしまうのも多いのですが、生石鹸はとけにくいらしいです。作るのに90日かかるらしいです。

ついでにシャンプーも天然ハーブのに戻しました。とてつもなく高いんですが、夕方ころ頭が臭くなるのがなくなりました。洗剤を皮膚から吸収して蓄積する先は、女性の場合は子宮なのだとか。体にいいものを使わないと、何年か先に差が開くな〜と思いまして、自分への贅沢です。            2寸

2009.09.29 ねこ対策〜その後〜

ねこふんよけに成功して幾歳月。

成功の上にあぐらをかいておりました。
ここ3か月ほどコーヒーカスをばら撒いていなかったところ・・・
ノラネコたちが用をたすようになってしまいました。
やはり、続けねばならないようです。

何事も「継続は力なり」なのですね。

昨日、大量のコーヒーカスを持ってかえりました。
また、成功するのでしょうか!?

2009.09.28 洋間と和室には段差が必要か?

少し前までは、洋間と和室など、板の間と畳が続くところでは、板の間を畳の間より一寸(約三センチ)ほど下げるのが常識でした。

バリアフリーが当たり前の近ごろからすれば不思議に思われるかもしれませんが、板の間のホコリが、畳に回らないように工夫された昔ながらの知恵なのです。もし段差をもうけないければ、敷居にゴミがたまり易く、スベリが悪くなりやすくなるからです。

バリアフリーも、なぜ必要なのかを十分に考えて、取り入れたいものです。(社)

P.S.
特に格の高い和室の場合は、この段差を設けると、部屋に入る際のけじめを感じさせてくれます。

2009.09.26 栗ごはん



現在、当社で新築中のK様より、秋の味覚、栗をいただきました。
私にとって秋といえば、二十世紀梨と栗ごはんというくらいの大好物です!

本日は栗ごはんづくりにチャレンジです。
昼ごはんの傍らでゆでた栗をむぐところからスタート。
みんな嫌がることかも知れませんが、たまのことなので楽しく出来ました。

次に、米を研ぎ、味付けですが、Kさんに教えていただいた昆布を入れようとしたのですが、男子の厨房に昆布はありません。代わりに昆布茶を少々、それに塩を一掴み、後は炊飯器まかせです。

ようやく出来上がり、美味い。
暑い日が続きますが、ここには秋が到来です。

Kさん、ありがとうございます。
こんな僕にも出来ました。(社)

2009.09.26 うすはりブルゴーニュグラス


うすはりブルゴーニュという商品名です。
しばらくは、現在私が日常で使っている小物などをご紹介してみようかな〜と思います。
吹きガラスの手法(その昔は電球の球も吹きガラスで作っておられました)を用いてガラスコップを吹いてあります。
これが非常に薄く(0.8ミリ)、軽い。飲むときの口あたり、手馴染みがすごくよいのです。
割れるかな?と心配していましたが、意外に強い。
私はお酒もワインも飲むので、本当に重宝しています。

最初は東京の【time&style】という店で8年前にこの手の吹きガラスコップに出会い購入しました。それからハマって、今回上記は【松徳硝子】で購入。

自分でも、東京にいた頃は吹きガラスをやってみたのですが、なんとも分厚い!!仕上がりがまるで違〜うっ。ほらほら、ここにも職人さん出没ですよ〜。
かなわないなっていう感じが商品に出ていて、それを使っている行為が心の贅沢という感じですね。

和小物のネットサイトでなかなかおススメなのが【waclass】です。
見るだけでも楽しいので、『うすはりグラス』の店も載っていますし、是非。    2寸

2009.09.25 森林公園

みなさま、シルバーウィークはどのようにお過ごしになられましたか?
高速道路の渋滞はGWを超えたそうですね。
そういう私も少し被害をこうむりました。
連休中はほぼ家や近場で過ごしたものの、とある一日友人たちと子どもを連れて広島市森林公園に行ってまいりました。その時に高速で事故のための渋滞にひっかかり、普通なら1時間もかからずに行く道のりを1時間半・・・。子どもたちの「まだまだ攻撃」の連射を受けつつ到着!


(写真:広島市森林公園HPより)
天気はいいし山はきれいだし子どもたちも芝生の広場で夢中で遊んでいました。
女の子ばかりでしたが、バッタやらカナブンやら必死で捕まえていました。
遊具もアスレチックのようなものから幼児向けまでたくさんあって遊んではいましたが、その日の娘の日記にも虫取りが楽しかったことがつづられていました。
十分遊んだあとは昆虫館見学です。
特別展示で秋の虫がずらり勢ぞろいしていました。
いつも大きさや少々の形が違ってもバッタだと思っていた虫達にはそれぞれ名前があったことが判明・・・。
でも、これからも私の心のなかではバッタのままでしょう・・・。(覚えられない!)
ハイライトはいろいろな蝶々の舞う温室。
そしてこれが昆虫館から帰ったあとの私の携帯↓
昆虫館からくっついてきちゃったのかなあ??
なんて。使いづらいことこの上ないです。

先日行ったキャンプもそうですけど、つくづく子どもにはモノより体験だなあと実感いたしました。
大人もですね。

2009.09.25 アルミサッシの手入れ

日本のように雨の多い国で、水気に強いアルミサッシは本当にありがたい存在です。
日本の木造の家にとっては革命的なことであったといっていいでしょう。
(アルミサッシの結露に悩まされている方も多くいるとは思いますが、最新の断熱性の高いアルミサッシやペアガラスの登場で、結露の心配もほとんどなくなりました。)

しかし、日常の暮らしの中で、アルミサッシを過信しすぎてはいないでしょうか?
確かに、手入れも簡単でメンテナンスフリーに思われるかもしれませんが、さびにくい性質ではあるものの、絶対に錆びないということではないのです。

アルミは土から生まれるというほどで、ほこりがつくと、静電気が起こりやすくなり、科学反応を起こしてだんだん風化します。アルミはいったん風化するともろいのです。


だから、家の中でとくにほこりのたまりやすいレール部分は、掃除をこまめにする必要があります。
もし、白っぽいしみができたら風化の第一歩なので、早いうちにサンドペーパーなどで、さびを落としておかなくてはいけません。(社)


◆簡単なお手入れ方法(水洗いが基本)

�@アルミサッシの溝に詰った汚れをはぶらしなどで溝の両端の切欠部分から掃き出します。
�A充分に水洗いをします。水洗いで落ちないようなら、中性洗剤(台所用洗剤)をバケツに5〜6滴垂らして軽く洗い流してください
�Bガラス面に水分が残っているうちに新聞紙でふきとりますとインクがワックスがわりになってきれいにしあがりなす。このときアルミ面を新聞紙でこすらないで下さいアルミサッシの表面にキズがつくおそれがあります。
�Cアルミ面を研磨剤の入っていないカーワックスを薄くのばして、乾いた布でふきとりますと輝きが長持ちします。
�Dさいごにクレセント・戸車等のアルミ以外の金属部分にスプレー油等を吹きかければ万全です。

2009.09.23 小舞竹組〜ザ・職人



本日、組組、せっせせっせ、カチャカチャ、結び結び・・・・でした。
これは土壁を塗るための下地の小舞竹です。手際抜群。
組みあがると、なんと涼やかな景観。明日は換気扇の通る部分の穴あけ・少し木工事・エコボロン(防蟻)塗り。明後日から左官が入り土塗り開始です。
本当に涼しいんですよ〜、土壁。外気の影響を受けにくいっ。
今時期からちょうどいい季節なんで、土も落ち着き馴染みやすい。
基本今は『外仕事』。壁ができたらずいぶん変わります。
こんなスグレモノの土壁ですが、やはり仕事は激減したそうで・・・。
こちらの施主ご夫妻はお若いのですが、土壁の良さを本当によくご存じで、自らご要望下さったのですよ。
こんな感じで少しずつでも若いご家庭に口コミで伝わり続けてくれれば・・・と祈ります。
下地が組まれて窓のところだけあきまして、海がいい感じに見えることを確認し、ふふふとご満悦で会社へ戻りました。建てる時は借景も楽しまないと。       2寸

2009.09.21 若い人たちに出来る最も大事なことは何ですか?

『若い人たちに出来る最も大事なことは何ですか?』

この質問はパティ・スミス(ミュージシャン)がダライ・ラマに投げかけた質問です。

『環境を守らなくてはならない』

ダライ・ラマはチベット情勢のことには一言も触れず、開口一番そういったのです。


「領土侵犯、愛国心、移民問題、思想の相違など、人々が反目する原因はたくさんあるけれど、綺麗な空気と綺麗な水を作り、子供たちのために食料を確保し、自然を大事にし、地球を大切にjしなくてはならないということに、みんなが一致団結して取り組むべきだと思う。」

そして、パティ・スミスはこう締め括っています。

「『お金がなくても、いい鞄がなくても、二つ携帯電話がなくても、私達は気にしない』と思ってくれること。」


昨日、ショーン・ペン監督の映画「INTO THE WILD」を観ました。
そして今日、この言葉に出会いました。


私にとって家を作ることが仕事です。
作ることが自然を破壊することと同義語になってしまった現代ですが、だからこそ良く考えて作ることを行わなければ、生活しなければと思う二日間でした。(社)

2009.09.18 ヒノキにもいろいろある

同じヒノキといっても、千差万別。いろいろあります。内地で育ったものと、米ヒ(アメリカヒノキ)や台ヒ(台湾ヒノキ)とが違うのは当たり前ですが、同じ内地産のものでも一様ではありません。現在、ヒノキは北海道をのぞく日本全土で栽培されています。今、出回っているものは、戦中から戦後にかけて間伐用に植林された55?40年ものですが、これもよく見ると、土地によってかなり違います。
九州のものなどは違いが顕著で、里に近いところで育ったものは山の深いところで育ったものと比べて、年輪も甘く、やわらかい。いってみれば、ヒノキでありながら、ヒノキの性質の薄れているものもなかにはあります。これは九州産ヒノキの悪口ではありません。九州産のヒノキも良さがあり、化粧材などに使えば木目はいいし、活きてきます。
一般にはヒノキは尾張(三重)を初めとして、紀州(和歌山)、遠州(静岡)、木曽 (長野)産のものが最高とされていますが、近ごろでは、なかなかお目にかかれません。地元にいけば、確かに木はあるのですが、切り出しに費用がかかるため、放ってあるのが現状です。

ヒノキにもいろいろあるように、自然のものを相手にする場合には、相手をよく見てから使わなくてはなりません。基本的なことですが、出来ているか再度確認したいところであります。(社)

2009.09.18 そういえば

先日の2寸ぼうやのブログを読んでドッキリしました。

地震対策・・・我が家ではないに等しいです・・・
大きな災害があったあと等はテレビや新聞・雑誌で対策の特集が組まれて見てはいるのですが、いまいち自分に即して考えていなくて結局は「ふーん、そうだねえ、いつかは・・・」で終わっていました。
うちには懐中電灯さえ壊れたのしかなく、キャンプに行くというので先日やっと買ったありさまです。
いわんや災害袋なぞあるはずもなく・・・。
家具の配置もずいぶんまずく、寝室の出入り口はタンスや本棚が倒れると完全にふさがれます〜!!

これを機にできることから見直していきます。

2009.09.16 地震対策していますか?

最近お客様の要望に地震対策をしっかりと・・・というのが増えました。
全国各地で地震ありますからね。当社の家への耐震は、筋違い+貫のダブル構造でしっかり支えます。家本体はおまかせ頂ければよいのですが、いざっていう時のご家庭ごとの対策も備えてください。

次回中川新聞にも掲載予定ですが、今日はその中の1つをご紹介します。
地震は夜おこる事もあります。
真っ暗な中進む場合進路がわかりづらく避難に時間を要します。
そこでおススメなのが「畜光テープ」です。500程度で販売しています。
家具の当たると痛そうな角に貼る、階段の段差の始まりと終わりに貼る。
これは普段の生活の中で夜トイレに立つ場合にも便利です。是非どうぞ。

家族の防災マニュアルを今一度作成して、みんなで共有しておくと安心ですよ。

連絡方法を知っておく。
�@NTT災害伝言ダイヤル【録音】171⇒1⇒自宅電話番号(10件まで30秒以内)
【再生】171⇒2⇒自宅電話番号(2日間保存される)
�A各人携帯
�B各自避難後、安全を確保したら自宅に寄り伝言メモを玄関に貼る
�C遠隔地の親戚に連絡

家族の待ち合わせ場所を決めておく。

・・・などなど。そういえば昨日のブログを読んで思い出したのですが、私の家も幼少期よりよくキャンプに出掛けておりました。
その中で『少ない水をうまく使う』とか『火のおこし方』とか『夏でも朝夜の寒さ対策』とか『けがした時の草花・骨折には添え木をどう使う』とか『かぶれる樹木』とか『縄の結び方』など知恵を自然に教わりました。
キャンプね〜今思うとすごく貴重な体験でしたね。災害時、人より早く生活を立て直す自信みたいなのは備わってます。
遊びながら教える機会があればいいですね〜。      2寸


2009.09.15 キャンプ♪

先週末、キャンプに行ってきました。
子どもの頃以来です。
これがはまりそうなカンジなんです。

(写真:山水人ブログより)

以前、短期のお仕事であるお店に行った時、勤務時間が長いので事務所で料理をしてらっしゃる会社があったのです。キッチンなどなく、さらに水道もない!(仮設の店舗内なので)カセットコンロをかまえて家で汲んできたペットボトルの水を使い、道具も十分でない中、いろんな工夫をこらしながら料理をしたものです。
期間が短かったせいもありますが、ナイナイづくしの中で料理をすることが楽しくなりました。

また、私はリュック一つで何ヶ月も旅をしたものですが、物が少なくて不自由したことはトンと覚えておりません。やはり少ないながらそれなりにやっていたのです。
そうしてモノがなくても大丈夫という自信がついていました。

キャンプもそれに似たようなものでいろんな制約がある中、なんとかやりくりしていく楽しさ♪

今回は有機農業などをしている共同体のおまつりに参加してきたのですが、
ライブや屋台、さまざまなワークショップも開催されていたのに、自分の居場所を整えるのに精いっぱい!
当初は林のなかにハンモックを張ってのんびりゆったり読書でもして世間のアカをおとしましょう♪と目論んでおりましたが、キャンプ=生活なのですね!!
さらに2泊3日の中日で終日雨に降られていたので、また雨対策におわれ、気がついたら帰る時になっていたのです・・。まあそれが面白かったのですけど!!

手練の参加者のテントにお邪魔すると、雨でも快適、自炊も快適にする工夫がソコココに見て取れてワクワクしました。
普段の生活にしてもそうなんだろうなと思いました。お仕着せではなく、自分で考えて使ってさらに改善して・・・・と生活に積極的になると生活自体が楽しくなる!
お金もかからないし、なんていいのでしょう!!


話は変わりますが、今回の一番の収穫は、
「ボットン便所は汚くて臭いけど、ぜんぜんいい〜!」
と子どもが誇らしそうに友達に話したことです。
少しづつたくましくなっているかな

2009.09.12 エクステリアプランナー取得!!

今年の正月近辺から温めていた資格、エクステリアプランナー。
まだ割と新しめの資格ではありますが、ここ数年興味がありました。・・・というのも、町中でよく見かける『きれいな家は完成したものの・・・』ということです。
やっぱり家まわりに有機物がないのは何かしまりがない気がします。
植物がしっかりあり、外まわりと家の関係性がしっかりした住まいは何倍も広く見え、土地全部がイキイキして見えます。
先日、外構に関する講習会でいろいろ教わって確信したと共に、提案の幅を広げるために取得します。
思い立って調べたら募集期間が終わっていたので、来年度になるのですが、まあいいか・・・。資格はあくまで資格なので。勉強は開始です。
得た知識でお客さんに役立てるのがいいんですよね〜。楽しみだ。   2寸


2009.09.10 小旅行

岡山に行ってきました。

メインの目的はあったのですが、
そのついでに有名建築物を見て歩くことをいつも行っています。

建築は写真で見るより、空間を体感することがなにより大切なのです。

まずは、閑谷学校です。
(閑谷学校は江戸時代に建てられた、旧岡山藩直営の庶民教育のための学校です。国宝の講堂をはじめ、聖廟や閑谷神社などほとんどの建造物が国の重要文化財に指定されています。樹々や花々が四季折々の彩りを見せ、訪れる人を楽しませてくれます。)


私がここに来るのは、4度目なのですが、2度目ときに、講堂の回廊の日陰があまりに気持ちいいので、回廊に座って読書してしまったことをきっかけに、3度目からは回廊での読書目的で行くようになりました。
この日も最高の秋晴れの中、1時間ほどの読書タイムを設け、大いに楽しむことができました。


午後からは、岡山城周辺にある前川國男(建築家)の作品を中心に見て回りました。
県庁舎、林原美術館、天神山文化会館を体験することができました。

前河國男さんの建築の特徴は写真には写し込めない空間の質を持っている建築家なので、体感しないと良さがわからない建築家だとされいます。
回遊性があり、変化にとんだ空間は、図面や写真ではわからない部分を教えてくれました。

今は小旅行しか出来ませんが、一つ一つを楽しんで行きたいです。(社)

2009.09.10 やめてみる④

久々にでてきました!
「やめてみる」シリーズ第4段。

この夏、止めてみたのがトイレのマット。
汚れ防止ならば、マットを洗うサイクルと手間を考えれば何も敷かずこまめに拭いたほうが断然清潔です。
それと同時に雑巾の使い捨てもはじめました。
使い捨てというと聞こえは悪いようですが、古着や古タオルなど家には大量の雑巾予備軍があり、それらを小さめに切って使っています。いわばリユースの一つのカタチです。
これだと、洗う必要のない安心感からどんなに汚いところでもちゅうちょすることなくガンガン拭けます。
雑巾って湿度の高い時は非常にクサイですし、意外と干す場所や収納場所に困るものですよね。
特にトイレの雑巾!使い捨て方式にしてすがすがしくて♪(という気がするだけかもしれませんが)

少しの発想の転換をするだけで生活がラクになって楽しくなるものなのですね~!


2009.09.09 畳を入れ替えて使う時代

昨日現場で大工さんに面白い話を伺いました。

昔は正月と来客時には蔵に入れてあるきれいな畳を入れて、用がすんだら元に戻していた。畳も年に数回干しては戻していた。・・・・物が少ないので大事にする、という生活背景があったので、誰でも簡単に、場所を選ばすどこの位置にでもハマるように、畳のサイズは全部同じだった、ということです。つまり全ての畳が使いまわせるんですね。

現代は「この畳はこの場所にしか入らない」ってご存じでしょうか?
場所場所を測って、合わせて畳を作るから縦横の長さも1枚ずつ変わってくるんです。
ちゃんと場所を覚えておかないと大変なパズル作業になるのですよ〜。(私はリフォーム現場でやっちまいました!!あの時は困ったです。)

つまり、「畳ありき」=「寸法一律」だったので、それに合わせて家の方を作っていたらしいのです。
3尺(シマリ)・1間(ツノ)・9尺(イカダ)・2間(リュウゴ)と決まりの寸法があって、それぞれの長さが違うらしく。柱や畳寄せを入れたり、の納まりによる寸法のズレも含めて全体を調整する寸法の取り方だったということです。
(例えば今の尺の考えだと3尺+3尺=1間ですが、当時のシマリ+シマリ≒ツノってことです)

それだけ大工さんは大変だったでしょうが、使う側にとっては便利でとってもエコライフを過ごせたわけですね〜。  
                                2寸

 

2009.09.04 躯体検査


写真は昨日行われたK様邸での躯体検査の様子です。
当社では住宅瑕疵担保責任法人のJIO(株式会社日本住宅保証検査機構)に検査をお願いしています。

この検査は2009年10月1日以降に引き渡す新築住宅に宅瑕疵担保責任保険をかける義務を負うことが必要になり行う必要のある検査です。(詳細は※へ)

以前行われていた10年の瑕疵保証に伴う検査に較べると検査項目が減ったようで、検査を受けるこちら側が大丈夫かと思うほどでした。しかし、その分、つくり手の姿勢がこれからは問われてくるのではないかとも感じました。(社)


※ ◎住宅瑕疵担保履行法について◎
新築住宅の売主等は、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、住宅の主要構造部分の瑕疵について、10年間の瑕疵担保責任を負うこととされていますが、構造計算書偽装問題を契機に、売主等が瑕疵担保責任を十分に果たすことができない場合、住宅購入者等が極めて不安定な状態におかれることが明らかになりました。
このため、住宅購入者等の利益の保護を図るため、第166回通常国会において、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号)(住宅瑕疵担保履行法)」が成立・公布されました。(国土交通省のホームページより抜粋)

2009.09.03 挑戦!

「挑戦」というほどのことではないのですが、11月29日[日]に行われる
宮島検定を受けてみようと思っています。
今年は第4回目となる宮島検定。

宮島の歴史・文化・自然などを楽しく学ぶことで、このまちに来て、見て、触れて、文化遺産・自然遺産を未来へ守り伝える心を育むこととともに、宮島の魅力を全国に発信することによって、新生、廿日市市の魅力をアピールしていく

というようなことを目的に実施されているようです。

わたしは宮島の対岸に生まれ育ったものの、凋落の一途をたどる昭和の観光地・・・くらいの意識しかなかったのですが、ある時宮島で住み込みのアルバイトをしたのです。ひっそりした裏通りのおもむきや夜の神社近辺のライトアップされてなんとロマンチックなこと!!次々に宮島の魅力を発見して、それ以来宮島ファンの一人になったのです。
第1回目の検定から意識はしていたのですが、機を逃し続けた今年、毎年チャレンジしている先輩に誘われ初参戦です!!

ずっと勉強しつづけている方もいるくらいなので、これから勉強とは遅すぎる感もありますが、残り3か月がんばります。

何にしても新しいことを始めるのはワクワクして楽しいですね♪


テキストの宮島本


2009.09.01 答え


庇の腕木です。
大工さんが、一本一本手づくりで仕上げてくれます。
大工さんの仕事が全部隠れてしまいそうな家ばかりが建つ世の中ですが、
こんなに手をかけた家も当社では作っております。

※この写真はM様邸の庇です。

このページのトップ へ