和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2009.09.28 洋間と和室には段差が必要か?

少し前までは、洋間と和室など、板の間と畳が続くところでは、板の間を畳の間より一寸(約三センチ)ほど下げるのが常識でした。

バリアフリーが当たり前の近ごろからすれば不思議に思われるかもしれませんが、板の間のホコリが、畳に回らないように工夫された昔ながらの知恵なのです。もし段差をもうけないければ、敷居にゴミがたまり易く、スベリが悪くなりやすくなるからです。

バリアフリーも、なぜ必要なのかを十分に考えて、取り入れたいものです。(社)

P.S.
特に格の高い和室の場合は、この段差を設けると、部屋に入る際のけじめを感じさせてくれます。

このページのトップ へ