和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2009年10月の記事

2009.10.31 神楽、見てきました

先日当社の大工さん出演の神楽を見に行って参りました。
大工さん出身地元、上沼田(山口県と島根県の境目辺り)の村祭りで上演ということで・・・。実はわたくし実家は広島県の呉市出身なもので、どっちかってーと海育ちなのですよ。当然、神楽の文化はない地域ですので、産まれて初めてだったのです。
感想は、とーっても楽しかった!!結構伝統芸能好きなのです。文楽、能、狂言も・・・。
体が動きを覚えているからでしょうか、すごく小さな面の、くり抜いてある目の穴からしか見えない状態なのに、舞台の端から落ちないし(笑)、頭の振りや手の動きで心情が
ちゃんと表現されるんですね〜。
夜の上演でも映えるように衣装・装束も金糸が多く使ってあり華やかでした。
一番前の席を陣取って見たおかげで大蛇に巻かれたり、鬼と接近したり、お菓子が飛んできたり・・・と、祭り用の演出も沢山あって、大人になって久々にワクワクしましたね。しばらく『追っかけ』しようかな〜。
メンバーはちゃんと若い後継者も入り混じっていて、何だか良いなって思いました。
実にプロ意識が高い、レベルの高い芸能でした。(絶賛!!!)
皆様も同じ空間を共有しにお出かけ下さい。やはり生ライブの妙ですよ♪ 

 2寸

2009.10.30 我が家の大きな・・・



うちの庭に生えている「いもの葉」です。
観葉植物として人気のある「クワズイモ」だと思われます。
鉢から地植えにして大きく育ちました!!
高さは1メートルを少し超えたくらいですが、葉っぱが大きい!
よくカエルの雨傘として描かれている葉ですが、人間の子どもくらいなら大丈夫かな!?というくらいの大きさです。

クワズイモの見た目はサトイモに似ていますが、食べられないので「不喰芋(食わず芋)」と呼ばれているそうです。クワズイモを誤って食べると舌がしびれて会話がうまくできない状態になったりすることもあるとか!ちなみに東京都福祉保健局の分類では、クワズイモは毒草に分類されています。
そんなクワズイモも「出世芋」、などと呼ばれ、開店祝いの贈り物として選ばれることも多いそうです。
出世芋(しゅっせいも)という別名は、クワズイモを職場で育てていると仕事運が良くなるという説に由来しているらしく、成長の早いクワズイモを、人の成長に重ねた喩えだろうといわれています。

先日、傘にするんだとクワズイモの葉を無理やり刈り取り、曾祖母を嘆かせていた娘もあやかることができるとよいのですが・・・


2009.10.27 お悩み解決

寒くなると鼻が詰まってくるのが恒例の私ですが、
去年からヨガのおかげか詰まらなくなりました。
しかし、それでも急な冷えや風邪のひき初めには詰まります・・・。
そんな時に愛用しているのが「葛根湯加川?辛夷」という漢方薬です。
これが意外と即効性があるのです。
漢方と言えばずっと飲み続けて体質改善をしていくイメージがありますが、なかには速効性のあるタイプもあるとものの本で読んだことがありますが、私にとってこれがそのようです。
漢方といっても煮だしてとるような本格的なものではなく、顆粒状のお手軽タイプなので飲みやすいのもよいのです。

2009.10.24 便利!!引出付テーブル


今日は引出付テーブルのご紹介。
新築される方々は、家具屋さんにオリジナル家具を作ってもらう人も多いのですが、ダイニングテーブルを注文されるならば是非『引出付き』にされることをお勧めします。

使い方はいろいろ可能。実はダイニングテーブルって何にでも使えるんです。
アイロンかけ、書斎、宿題、新聞広げて読む、パソコンする、近所の方と歓談お茶、と。そこに引き出しがあると、ちょっとした手紙の一時置き、お箸やスプーン・フォーク入れ、筆記具と切手と便せん、砂糖とミルク、お茶葉と湯呑、本日の新聞入れ・・・と便利なのですよ。
現在新規注文の6割の方は引出付きにされるそうです。

もうひとつ加えるならば付近に各自のカバン置き場(特に奥様とお子様)を作っておくと便利ですね。奥様とお子様はたいていリビングダイニングで完結してしまうので。

『片付け上手のススメ』作成しています。ご希望の方には差し上げます。ついでにご自宅に伺って個別収納講義も行っています。困っている方、お声掛け下さい。   2寸

2009.10.21 小物⑦ 北海道の紬



コースターです。着物でいうと、紬は大島紬などが有名ですね。元々紬は作業着や普段着に用いられておりましたが、こまやかな工程と味わい、技術から価値が見直されて高い評価を得まして、着物をつきつめた方たちには人気です。
さて、この紬は北海道でみつけた物。染色して糸を紡いで織る・・・結構果てしない作業ですごく手間がかかります。ユーカラ(優佳良)織というらしく、北海道の自然をモチーフにして羊毛を使用した織物だそうです。染色作家の木内綾氏が創作した新しい織物で、一つの織り物を仕上げる際に平均して200色程度の色を使用するとのことで、この染色だけでも非常に時間がかかるらしいです。
もちろんコースターは高価でした〜。(というか、他の物は手が出なかったんです。)(でも味わい深かったので、欲しかったのです。)

今、日本から『職人』が減りつつあります。伝統工芸もしかり。手先が器用、独特の美意識、まじめで手を抜かない、忍耐強い・・・・日本人には職人気質の人が多いはずなんですが、もったいない話です。絶えてなくなるのも時代の流れで仕方ないのかも知れないですが、『技術職』がもっと花形で優遇されるドイツ(マイスター称号とか)みたいな制度であったなら、違うのになぁ〜と思いますね。

そんなわけで弊社もできることから・・・という趣旨で『家づくり』の関わる職人たちの仕事を世間に知ってもらおう、と『お仕事探検隊』という企画をスタートしました。
昼間のお父さんの働く姿、住む人を喜ばせる仕事を見に来て下さい。  2寸

2009.10.20 ペタンクという


ペタンクというスポーツをご存じでしょうか。
上の写真は室内ペタンクですが、もともとは屋外のスポーツです。
ペタンクは、目標球に、ボールを投げ合って、相手より近づけることで得点を競うゲームです。
氷上で行うカーリングと同じようなルールなんです。

フランスでは盛んでバカンスの時期にはあちこちでペタンク大会が繰り広げられるそうです。
それをどこかで聞きかじり、ニースにバカンスへ行った折、役に立つかも!と挑戦してみることにしました。
(たぶん一生役に立ちません・・・)

またまたPTAの競技会(室内ペタンク)へ参加するのです。モノ好きにも。
11月の競技会まで週に1度練習をしています。
練習や競技自体はおもしろいのですよ〜。
新しいことを習うのはいつまでたっても楽しいです。

「練習して熟練するというより、運ですよ。」
と聞いていたのですが、そこはスポーツ。
練習や技術がないとうまい具合にいきません。
精進して参ります。(Y)



2009.10.19 有福温泉


只今、旅館樋口の改装などをさせていただいている関係で、有福温泉(島根県江津市)の温泉街の一部リニューアルに着手寸前のところです。
いつもバタバタと落ち着きのない私ですが、今はそれが倍増中です。

私も面白いですが、温泉街は最高に楽しくなるように計画中です。
貸切風呂、カフェ、外湯、足湯などなどなど。(社)

2009.10.17 色の本



これはペイント(塗装)の本です。
日本人は素材そのものの色に囲まれてきた住文化が長いため、多くの色の中から選び、インテリアとしての壁を意図的に色をつくって配置する・・・という行為が苦手です。
でも今の家づくりは外来文化の影響も多大に受け、お客様の好みや希望の中で【色】も重大な要素となりました。
私たち提案側の『選ぶ力』というものを磨かなくてはなりませんが、個人の好みでどうしてもトーンや色の組み合わせが片寄りがちになるのを避ける必要があります。
そこでこういった本による勉強も欠かせません。
同じ考えが載っていれば、自分の感覚の裏付けにもなりますし、全く異なる考えを拝見しては『あ〜斬新。今度やってみよう・・・』と記憶引き出しにまた1つ増やせるわけです。
今回この本は為になる☆☆☆☆☆だったのでご紹介しています。
『床材別による壁に合う色』『トーン別使い分け』などは携わる職種の方はすぐにでも使えますよ。

                                         2寸


2009.10.16 レンタル

家を整理してスッキリ気持ちよく住むようにするためにはいらないモノを溜めこまないようにしましょう!とはよくいわれることです。
それでもアレがなくてはコレがなくてはと心配な方も多いのでは?!

我が家にもそんなものがたくさんあります。
まずは何十枚もある座布団・・・葬式やるならいる!
何十客もあるお湯のみやコーヒーセット、お茶碗、取り皿などなどの食器類・・・たくさん来客がきたらいる!
お気に入りの昔の服・・・痩せたら着れる!
ベビー用品・・・我が家にまた赤ちゃんがやってくるかも!
(あぁ、こうやって出していくとキリがないのでもう家でします。)

でも、葬式を家でするのか?たくさん来客来る時って?ホントに痩せるの?やって来るのは私の孫か?そんなあるのかないのかわからない時の為に費やすスペースと整理する時間のほうがもったいない!!

そんな機会がめぐってきたならイマドキは便利なものが!

レンタルです!!
ウエディングドレスやスーツケース、旅先でレンタカーなどは利用されたことがある方も多いと思います。
最近では、ブランドバックのレンタルも流行っていますよね。定価が7万円以上するルイ・ヴィトンのバッグが5日で2200円(+送料)で借りることができるそうです。結婚式や同窓会など特別な日に使われるとか。
手入れもいらず、場所もとらず満足できるなんて良いことづくめのように思えます。

そして、多勢の来客があったとて座布団や食器にいたるまでレンタルは可能です。
ベビー用品もレンタルされる方が多いものの一つになっています。
ベビーベットや年末年始、ゴールデンウィークなど長期休暇にはチャイルドシート。
ちなみにベビーベットの平均貸出期間は3.9か月だとか。
それからひな人形や五月人形など節句人形も収納場所をとる割には登場回数が少ないもの。こういったものもレンタルできます。

DVDやCD、マンガもレンタルする代表格といってもよくなっているでしょうし、家電やインテリアはたまたペットまでもがレンタルできる時代です。

それでは私は古い服におさらばして、補正下着をレンタルして、スタイリストがコーディネートしてくれる服装でお出かけすればよいだけです。(ほんとにあるんですよ。)


2009.10.15 建築探訪

旅に出ると必ず、その場所にある名建築を訪ねるようにしています。
先日行った博多でも名建築に出会ってきました。

福岡県立美術館(設計:佐藤武夫)


かなり古い建物なのですが、今の建物のような軽さがなく、守られている感じがあります。
派手ではありませんが、街に溶け込んでおります。
特別展:大原美術館コレクション展「名画に恋して」

福岡市立美術館(設計:前川國男)

円形の天井が印象的です。プレキャストコンクリートという工場で作ったパーツを組み合わせてできた建物なのです。構造と仕上げ材料が一体化されており、裏表のないつくりになっているところなど、プロ目線でみると感動せずにはいられません。

照明が吊るされているところは下の階の吹き抜けになっていたり、動けば空間が、上下左右にどんどん展開していきます。前川建築は空間変化が見せ場となり、どんな人でもただ空間を楽しむことができます。

アート作品がゴロンと転がっていても、強い空間が受け止めてくれています。
特別展:「冨田渓仙展」

名建築を見ると、必ずおまけがついてきます。
今回の場合だと、美術館なので特別展や収蔵作品を見ることができます。
好き嫌いに関係なく、時間がなくてもざっと見るようにしておきます。
記憶の片隅にでも、観たものは繋がって行くのです。
そうして、10年前に何気なくみた作品が今の私の大事なものになっていたり、大きく広がっていたりします。

旅ってやっぱり良いですね。(社)

2009.10.14 香りの効果


今日は香りについて。小物�Eです。私が持っているアロマローソクや、お香です。
一時、寝付きが悪くなった時に活用したものの未使用分。
風呂にもアロマオイル・就寝グッズにもオイル・寝る前にお香・・・と試しました。

実は欧米諸国では『香りの効果』によって店内滞在時間が延びた、売上が上がった、という結果がでておりまして、カフェ・スポーツ用品店・洋服屋・・・と香りを導入する事は当たり前となってます。
日本でもイベントや展示会で用いるといいのかも知れませんね。

香りと脳のメカニズムはまだはっきりしていませんが、鎮静作用・覚醒作用のどちらもつかさどれるらしく、企業であれば、作業効率アップ・ストレスや疲労回復に役立つので、時間によって使い分けてみるのも一つの手かも。
ただし、香りは好き嫌いがあるので(特に日本人は体臭が少ない故に香りに敏感)、全員が好む香りにしないと頭痛がして逆効果です。   
 2寸

2009.10.13 工事現場

今回の連休はお天気に恵まれました。
どこに行くわけでもなく、冬支度やスーパーで買い物する程度でした。
そのスーパーの近くに新築マンション建設現場があります。
うろこ雲がひろがる空にそびえるクレーン車
何をしているのかわかりませんが、自転車をこぎながらクレーンの動きに目がいってしまいます。

私は建設会社勤務の身でありながら建築に興味があるわけではないのですが、
ごくたまに現場に行くと見とれて見つづけてしまう大工仕事!

なんなのでしょう???建物をつくるというお仕事の魅力!!

「お仕事探検隊」を通じて考えていきたいと思います。(Y)

2009.10.12 クラフトと民藝の間から

このタイトルは土曜日に行われた座談会のタイトルでした。私も遙々、博多に出向き、参加して来ました。

分かりにくいタイトルなので補足します。

クラフト=天然素材を使った地域性のある手作りのもの。
民藝=栁宗悦によってつくられた言葉。日常品が持つ用の美を提唱したものだが、現在では特権化された言葉になっている部分もある。

要するに、現在進行形の民藝についての座談会なのです。


日野明子さん:この日の主役です。雑貨屋さんに並ぶ日用品の卸問屋で、日々、作り手と向き合いながら仕事をしており、クラフトの現場の今を知る人物です。著作に「うつわの手帖〈1〉お茶」があり、来年早々には、その第2弾が発売されるそうです。
工藝風向の高木さん:この日の主催者です。今のクラフトと民藝を語る上で重要な方で、工藝風向というお店で、日用品を売りながら、大学で民藝の研究もされています。

座談会は、日野さんが日々向き合われている作り手の現場をスライドで紹介しながら行われました。

ものづくりのいろんな現場が出てきましたが、昔と変わらず、日々淡々と自分たちが日々生きていくのに必要なだけつくっていくという欲のないものであることが共通していました。


ものづくりとはそれ以上でもそれ以下でもないもの。
利益でも
情熱でも
特殊でも
美しすぎるわけでも
使い勝手が良すぎるわけでも


人の手でものがつくられるということはそんなことかもしれませんが、
そこが抜群に美しいとこで、心を惹かれます。


なんだかよくわからなくなってしまいました。
でも、何かが伝わればと思います。(社)

2009.10.10 小物⑤


ガラスの花器です。大きさは直径6センチ×高さ3センチ程度です。
ミニ剣山もついています(写真には載っていません)ので、道の野花をちょっと活けると季節感がでますね〜。


こちらは沖縄・琉球ガラスの水差しです。いびつな形と気泡のマットな質感が何とも味わい深いので気にいっています。

これらの小物、ポイントは『どれか1つしか置かない』『複数置く場合はテイスト・色・質感の同グループのみ』です。
私はどうしても欲張ってあれこれ置いてしまうのですが、小物は時が経つとホコリをかぶりやすく、いちいちよけて掃除するのも大変なので、最近は思い切って『今使わない飾り物専用ボックス』を設けました。どれか1つだけ飾る。あとは収める。
とにかくテーブル(または棚)上はまっ平らが楽です。拭き掃除ひとつで済みますからね。

人はがらんと物のない空間に身を置く方が、唯一の飾り物に目がいくものです。
せっかく置くなら、見てもらえるディスプレイをしましょう。  2寸 

2009.10.09 校庭の芝生〜その後〜

夏休み前に植えた芝生が2ヶ月以上たってこのようになりました。


トラックいっぱいにビッシリ広がる青々した芝生!!
運動会の様子です。

私も念願の校庭芝生デビューをPTA競技で果たしました!

2年生の子どもが「涼しいんよ〜」と言ってました。
大人達が口にしていることを聞いて、受け売りで発言しているわけではないみたいです。
そんなに違うのかとビックリです。

そしていまだに朝6時には校庭の芝生の上で見かける校長先生、ありがとうございます。
これで、我が家の窓に襲い来る砂埃も少なくなるものと思われます。

2009.10.07 ガーデンペン

小物�Cです。
本日は『LYRA』のガーデンペン。


鉛筆ですが、石やガラス、何でもかけるので、外仕事やDIY作業時に便利なんです。
私たち建設業は現場で打合せしながら木やコンクリートに直接しるしをしたり、スケッチを描いたり・・・が多いので、1本あると重宝します。
鉛筆よりはちょっとお高いですが、おススメの1品。

さて、今日は台風接近中。
皆さま、ベランダのハンガー類は念のため取り込んでおきましょう。
我が家は昔、粗大ゴミに出すつもりで「手織り編み機」をベランダに一時置きしていたのですが、すっかり忘れて台風を迎え、次の日の朝には飛ばされてなくなっていました。どこへ飛んでいったのやら・・・いまだ不明ですが、きっと近所のどなた様かにご迷惑をおかけしたに違いないので本当にごめんなさいね〜。
かなり巨大な物でもこのように飛んでゆくので、自然をあなどるべからずです。2寸

2009.10.06 手作り調味料 その1

手作りに憧れるも、なかなか動かない行動力のない私がつくってみました!
「マヨネーズ」
手作り調味料の王道です。私が幼き頃も料理教室で習ったばかりの母と一緒につくったような気がします。
ということでさっそく材料のご紹介から

・卵黄 1個
・酢   小さじ1
・植物油 120〜150cc
・塩  少々
・砂糖 少々

1.卵黄と酢をよくまぜる(金属製ボールは使わない酢に金属のにおいがうつってしまうため)

2.1の中に油を数滴ずつ入れ、とにかくまぜる、まぜる


3.油をすべて入れモッタリマヨネーズになったら調味。砂糖は酢の強さをおさえます。塩も少々。








で、完成!!
初めての挑戦でしたが、まずまずの出来というところでしょう♪
作ってみると時間もそんなにかからないし(15分くらい)



次の課題をあげれば
・よく混ぜないと保存中に分離するので電動泡だて器をつかいましたが、混ぜすぎると手作りマヨネーズ特有のふわっと感がなし。次回は手でがんばる!?
・調味の際、砂糖を入れすぎ甘くなったこと
・オリーブオイルやハーブ酢などいろいろな材料も試してみたい!

しかし、こうしてみると市販のモノは塩からすぎるなと思いました。
手作りだと自分で調整できるので、塩分を気にされている方にも手作りはオススメです。

これからも手作りシリーズ続きます!!

2009.10.05 秋祭りと神楽

秋といえば、お祭りといって良いくらい休日には祭り、イベントが盛りだくさんですね。

本日はそんな中でも、飛び切り素敵な祭りを紹介します。

『沼田ふれあいまつり』
日時:10月25日(日)10時〜
場所:沼田ふれあい神楽交流館(錦町須川)


内容
上沼田神楽舞、本谷神楽舞、神話岩めぐり、
炊き込みご飯、野菜市、大福引き、餅つき、
サツマイモ掘りなど。



このまつりのメインディッシュは『上沼田神楽舞』です。
なんと神楽団のメンバーの中には、
中川建設の大工4人衆の一人、Sさんがいるのです。
この時期には大忙しで、稲刈りなども含めて、休日は休みなしの状態だそうです。

こんなところにも『和ごころ』を大切にする中川イズムがあったのです。
(若干、こじつけですが!!)

もちろん、この日は中川建設一同で行きます。

Sさん、がんばって〜(社)

2009.10.03 スプーンいろいろ

本日は小物いろいろその�Bスプーン


『GENSE』という食器メーカーの物。
GENSE(ゲンセ)は、1856年創業のスウェーデン王室御用達のカトラリーブランドでノーベル賞の晩餐会でも使用されています。数々の有名デザイナーを起用するので一度はどこかでお目にかかっているはずです。
これは姉からのプレゼントでもらった物です。我が家は会席料理のごとく、小さな皿に幾品もおつまみをのせて夕食・・・という、ことごとく飲み助の集まり一家なので、イカの塩辛とか、なめろうとか、のせて使います。(多分メーカーの望んでいる使い方ではないだろう、そうであろう、そうであろう。パッケージ箱にはブドウがのっていたもんね♪)



こちらは『SABO STUDIO』のアイスクリームスプーン。
子供の頃、まっ平らな木のへらスプーンで食べましたか?あれをステンレス加工・シルバー加工・ゴールド加工したバージョンなのです。
あの庶民的なグッズの形を加工し、高級化してあるのが面白いので買いました。
かたいアイスもゲシゲシ挑めるので(絶対折れないからね〜)楽しいですよ。
しかし、シルバー加工バージョンを買ったはいいが、シルバーは難しかった!!!
ちょっと水気のあるまま放置してしまい、くすみまくってしまいました。(涙)
スボラなあたしはステンレスにすりゃよかったなぁ。失敗失敗。     2寸

2009.10.02 レジ袋有料化


山口県では今年の4月1日から、そして昨日10月1日から私の住んでいる広島でもレジ袋の有料化がはじまりました。
昨日、スーパーで買い物したあとに気が付き、手でごっそり持ってその後はバイクのかごに入れて帰りました。レジ袋は1枚5円なのでスーパーに売っているどんなものよりも安いのですが、意地でも買いたくない!気にさせられます。実際、毎日買い物に行って1枚づつ買っても150円/月です。お金の節約という面では腐らせてしまう食べ物を買わないほうがよっぽどマシなのです。
石油を無駄にしないとか、二酸化炭素の排出量を減らすという環境をこれ以上悪くしないという意識をもつことはとても良いことだと思います。
しかし、レジ袋をもらわなくても車で買い物に行ってしまえばレジ袋以上の石油を消費し、二酸化炭素の排出をしてしまいますよね。
レジ袋をやめたことで安心して免罪符にしないで、もっと推進するきっかけになればいいなと願っています。
(Y)

2009.10.01 これらは何でしょう?


これらは何でしょう?

ヒント:K様邸の外部に使う材料です。


ズームアップしてみましたが、わかりますか?

ヒント:材料は杉です。塗装も塗っています。(超自然派塗料:ウッドロングエコ)
    雨水や日差しから守ってくれます。
    今の家で付いているところが、少なくなりました。


正解はこちらをクリック

このページのトップ へ