和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2010年6月の記事

2010.06.30 新しい防蟻

シロアリ、怖いですよね。
先日BSで拝見したのですが、木を保護して腐らなくする・シロアリに食べられなくする方法で、塗るとガラス質に変化する液体を塗布していました。
現在普及している防蟻の施工も薬剤塗布・注入が多いので、手間は変わりません。
ガラスなら、元々自然素材を使用しているので害もなく、劣化もしません。
ずいぶん前に塗るとガラス質に変化する液体を紹介しましたが、ふむふむ、構造体そのものにも使う手があるのか・・・と将来の可能性を感じました。
木の強度アップにも使えたり、防水効果、火災防止、と利点はいっぱいです。
東大の先生が研究していますが、データが収集できたらきっと世に出てくるのでしょう。

もちろん我が社でも今一番納得のいく素材、工法を採用しています。体に害のないもの
・ゴミにならないもの・本来あるべき姿・・・というのを工務店だからこそ追及していけるので、『嘘のない家づくり』を発信していきます。  2寸

2010.06.27 海びらき?

先日、由宇の海で泳いでいる子供を発見しました。
自分の中では子供の頃6月に泳いでたっけ??はてはて??と驚きでしたが、4人くらい泳いてました。ビーチにお弁当と椅子を持ち込んでゆったりしている大人も発見。
暑くなってきた証ですよね〜。


全然見えないですが、泳いでいる証拠写真です。(弱画素ケータイでは写らなかったのですが、いるんですよ。水着のギャル(小学生)が!!)
海水浴自体は明治の陸軍軍医が奨励して大磯から広まったらしいですよ?
海水・青空・遊泳が皮膚・精神に良いとのことで。外国などでも医師の勧めで温泉浴と共に海水浴を古くから奨励していたとか。
海開きは7/1が多いですが、各地神主さんを呼んで安全を祈願するようです。

話は変わって、今日は広島・山口の各地で土砂災害・大雨警報が出ました。
朝も大雨でした。
実は今日地鎮祭だったのです。
本当に現地に向かう途中・テントをたてる時は、降りやまぬ雨に打たれながら内心『雨の中の地鎮祭で足元も悪いし申し訳ないなぁ〜』と思っていました。
しかし、何ということでしょう♪
神主さん到着、施主さんのご両親到着、施主さん到着・・・みるみる雨はやみ、晴れ間すらのぞくという、何とも不思議現象!!!
無事に清々しく地鎮祭も取り行うことができて、ご近所にご挨拶、片付、さぁ撤収・・・というところで再び雨足が強くなり、午後はまた雨。
普段の行い?滝に打たれて修行?徳をつんでいらっしゃる?強運の持ち主?晴れ男晴れ女?ま・さ・に神様降臨?・・・いろんな憶測が飛び交いましたが『こんなことってあるんだね〜すっごいねーっ』と感動的でした。施主のMさま、本日はおめでとうございます。
なんだかいいスタートです。
早朝、ずぶ濡れになりながら竹を切って届けて下さった左官屋さんのTさん、本当にありがとうございます。おかげさまです。青々とした姿をご覧ください。多分インターネットとかやらないから、見ないでしょうけどね(笑)
まわりの人に恵まれるっていう、私自身の運にも感謝。さぁやりますぞ!!!  2寸

2010.06.23 修理をして使う

買ってから10年はたとうとする日傘を愛用しています。
折りたたみで深緑色なのがとても気に入っているのですが、
昨年ブラックホールのような我が鞄のなかに放り込んでいるうちにねじ式のつゆ先が無くなってしまいました。
昨夏は先っぽのないかっこ悪い姿のままで使い込んでいたのですが、今年はさすがに恥ずかしいのであきらめて新しいのを買おうかと迷っていたところ・・・。
インターネットを検索していると傘修理キットや傘の部品が販売されていることがわかりました!

この頃では修理するより買った方が安いものが満載なのでついついそちらに流れてしまいがちですが、愛用の品となるとなかなかあきらめきれません。
しかも、それがゴミになるなんて!

調べてみると意外となんでも自分で修理できてしまうのですね。
服に鞄、傘、靴、家具、家電、自転車、住まいまで。

まだ、私の日傘にあうようなつゆ先にはめぐりあっていませんが、今年も愛用の傘を使えるようになるのが楽しみです♪(Y)

2010.06.17 いよいよエクステリアプランナー申込!!

ふぃぃ〜暑い・・・。何でしょう。急に梅雨入りして、ジメジメ〜。
湿度高いとイライラ指数もアップ、大幅アップ!!!

さて、エクステリアプランナー間もなく申込み開始です。
今年の年始に誓った資格取得。今年はこれに決めてます。
庭と家・・・切り離せない事を実感しています。
庭計画は建築と同時進行しないと嘘ですね〜。どこのゾーン・スペースで何をするか・・・これによっていろいろな配置も高さも変わってきますから。

庭も家も【どんな暮らし方をするか】をどれだけ聞き取って沢山盛り込めるか、です。 

毎日マンションや家のチラシを見ながら、『実は一戸建てな事にする〜』でプランを勝手にいじって変更、『道路は西側にあるとする〜』と駐車場を作ります。そこからはバーチャル『雨の日の過ごし方』『晴れの日に友達がやってくる』『今日は夫婦でそばを打つ』『夫婦ケンカをしてしまった日』『土間でバイクの整備をする夫とお茶を入れる妻』・・・と得意の妄想をくりひろげています。

この作業、ほぼ日課になっていて(笑)仕事とは別なんですが、自分の引出を無限に広げてくれます。
ただし、経験していないことは必要な物もわからないしスペースもわからない。
だからまずはいろんなお客さんに知りあっていろんな話を聞く。
積み重ねて繰り返すと、まるで経験したかのように浅〜い知識は入ります。

そして最近庭計画・その眺め・使い方と家を絡めていった結果、再びマイブームなのは『どこが玄関かわからん家・いろいろな用途はスペース兼用する』です。5年くらい前にもこの手の家を沢山プランしていましたが、やはりここに落ち着きます。
自分の家をもしも建てるならば、理想はこの形態なんだろうな〜と思ったり。
ふぃぃ〜夏までしばらく30プランくらい作って楽しみます。    2寸

2010.06.16 有福カフェにやってきたもの


有福温泉にこの4月誕生した有福カフェにやってきたのは、五メートルの大木です。

普通なら大したことない大きさの木なのですが、有福カフェは温泉街の階段を息が切れるほど登りきったところにあり、道幅も人がようやくすれ違えるくらいの細さです。
私は立ち会えなかったのですが、ピラミッドの石を運ぶように階段を総勢10名くらいで引っ張りあげたそうです。

もし有福カフェにお越しのことがあれば、この裏話を思い出していただけるとうれしいです。(社)

2010.06.16 栄養失調

まさか今の世の中に栄養失調を心配する人がいるとは思いませんでしたが、そんなことが本当にあるようです。わたしにとって衝撃だったのでここに書いてしまいます。
4月放送のNHK『ためしてガッテン』でもテーマとして取り上げられ、
題して「まさかわたしが?急増する新型・栄養失調の恐怖」

飽食の時代であるにもかかわらず動物性たんぱく質不足の人が急増中というのです。
とりわけ70歳以上の高齢者に多く、単身世帯の増加や粗食をすすめる健康情報などに原因があるとみられています。
栄養失調は血中のアルブミンというアミノ酸の量が基準になります。三食きっちり食べているという人でもこのアルブミンが3.5g/dl以下であれば低栄養とされます。そんな方は1週間のうちに1度も肉を摂取していないというのです。
確かに私だって一人だとお茶漬けだけですませたり、そうめんスルスルってことも!
ましてや高齢者の方の一人暮らしとなると・・・
低栄養は「貧血」「脳出血」「肺炎」「骨折」など体のあちこちに症状をひきおこしてしまう恐ろしい状態です。

事実、厚生労働省が発表している「国民健康・栄養調査」の栄養素等摂取量によると日本人一人一日あたりのエネルギー摂取量は1980年の2119?をピークに減り続け2006年には1891?に。ちなみに戦後すぐの1946年は1903?。エネルギー摂取量だけみれば戦後の混乱期よりも少ないのです。
あくまでも平均とはいえ、ビックリするような数字です。

うちは今年90になる祖母と同居していますが、グラタンとかパスタとかピザとか焼き肉とかあまり高齢者好みとはいえないメニューもお構いなしで出していましたが、本人も食べているし、そんなに間違ってはいなかった!
現在の私には当てはまりそうもないですが、将来の高齢者としても頭の隅にとめておこうと思います。(Y)

2010.06.11 サイゼリアの工夫

先日読んだ記事ですが、飲食店で急成長のサイゼリアさんの人事は理数系の方を採用されるとか。物事にとらわれずに発想し、意見を出し、徹底的に合理性を追及する、無駄な手間や時間を省く方法を考えるのだそうです。
例えばフロア掃除に掃除機を使っていたのですが、細やかな動きを繰り返すことが面倒、かける人によって時間と仕上がりに差があること・・・を覆すべく、フロア幅に合わせた巨大モップで一拭きすれば終わり・・・というシステムに変えたのだそうです。
すると掃除にかかっていた時間が30分短縮され、仕上がりも均一になりました。
全国のチェーン店分の掃除人員×30分ではものすごい人件費が浮くことになり、その分違う仕事ができるようになります。

時間をかけるべき事と合理的にやるべき事。この境を決めてしまっているのは自分です。人の動きの中、会話の中にヒントはある気がします。
決められた1日8時間労働の中でどれだけの量をこなせるか・・・その日やるべき予定を確実にクリアして持ち越さないことをやり始めると快感になりました。
私はエクセルでスケジュール帳を作成していますが、済んだモノは色で塗りつぶしていきます。
自分の力量をわかった上で、少し多めに組みます。と、こなそうとして工夫をするようになるもんで、こなせると達成感で嬉しくなります。
・この仕事は20分でやる、これは5分でやる・・・と目標値を作る
・毎回出没する内容はデータ化してベースを作るなどして作業時間を短縮する
・集中力のいる仕事とあまりいらない仕事を交互にやる
・人に伝達する時、その人がスムーズに動けるように伝える (2度手間をつくらない)
・毎日することの時間帯リズムを作る・・・などなど。
なかなか全部はできていませんが、工夫して試して〜を楽しみながらスキルアップしていこうと思います。                  2寸

2010.06.02 旅の愉しみ

東南アジアの小国ラオス。
人々が穏やかで緑の多い私の好きな国です。

そのラオスで今流行っているのが「ペタンク」
以前こちらでご紹介したことがありますが、フランス生まれのスポーツです。
地上版カーリングといえばだいたいイメージいただけるかもしれません。
地面の上に置かれた小さな目標球にむけ、鉄球を敵味方が投げ合う競技です。
目標球のもっとも近くに鉄球を投げた方が点を得るシンプルなスポーツです。

これが、いまやラオスのそこここで競技している人がいるとか。
数年前からラオス政府が普及に取り組んだのが始まりだそうです。
年齢や性別に関係なく楽しめるところも普及に一役かっているのではないかと思います。

わたしも去年室内バージョンペタンクを練習して大会に出場しました!
その時にはフランスでバカンスの時期に大会があちこちで開かれるのだということを聞いて「カンヌでペタンクする私」を夢想しておりましたが、今度は「ラオスでペタンクに飛び入り参加する私」も加わりました。
「旅先で地元の方との交流が簡単にできてしまうなんて芸は身を助くだわ〜」
 ↑ あ、これも妄想の一部です。 (Y)


このページのトップ へ