和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2010年8月の記事

2010.08.26 事務所の住人?

事務所のまわりはアスファルトでおおわれていますが、入口の花壇スペースには意外といろいろ生物があらわれます。

ダンゴムシは幼児が泣いて喜ぶほどいますし、花を目当てにチョウチョがやってきたり、最近は・・・

s-2010.08 005.jpg

バッタがものすごくたくさんひそんでいます。おかげで葉っぱはボロボロですが、この暑さにもまけず生きていると思えば感無量です(?)

ところで、今月は2度目の滝に行って参りました。お気に入りの滝です。

taki1

taki2

広島県廿日市市佐伯地区の万古渓にある大滝です。

滝の周りが崖になっていて滝風も強く、ものすごく涼しいのです。滝つぼから少し行くと深い淵があり、泳ぐこともできます。

夏に疲れたこころとからだを癒してくれること間違いないでしょう♪

このところ海やら山やら川やら滝やらにしか行ってないことに気がつきました!おかげで元気をもらいましたが、中年の肌には厳しい紫外線の洗礼は受けまくっています。

2010.08.18 グリーンカーテン その後

相変わらず我が家のグリーンカーテン?ことゴーヤはワヤワヤのカレカレのスカスカです。

お盆はずっと家におり、家中でもっとも暑い南西に位置する台所付近に生息していたのでアセモができました。そんなことはどうでもよいのですが、暑いので「このグリーンカーテンが完成してさえいれば!いくぶんやわらいだものを!!(メラメラメラ)」とゴーヤのせいにして苛立ちをまぎらわせていたり、はたまた近所のゴーヤを植えているお宅でも地植えにしてないところはわりと生育が悪いので南国生まれのゴーヤもさすがの暑さには耐えられぬのかと同情をしたりして。

なんとか、あんまり人工物を使わないで涼しくならないかしらん??

西日のあたる窓の外に落葉樹を植えたい!

葉っぱのシゴがめんどうですが、夏には影をつくり、冬は西日の恩恵にあずかることのできるすぐれものだと思います。昨日も同僚の2寸さんと話をしていて植物による涼しさの効用を使わない手はありませんよねという結論にいたりました。

日が暮れて草ぼうぼうの空地の横を通りすぎる時のフレッシュな風はなんとも気持ちのいいものです。雑草だってかたまればクーラー並みです!!

ということで暑い暑い今日も「こんなんがええなあ」と理想の家と庭を頭の中で想い描くのでありました。(Y)

2010.08.04 避暑地へ

猛暑の夏

皆様元気にお過ごしでしょうか。

雨も降らず、先の見えない暑さにへたばっております。

そこで、高原へ行って参りました!

地元岩国の避暑地(?)といえば錦町のらかん高原♪

標高800mを超えると下界の蒸し風呂とは天と地の差!

さすがに日射しはギラギラしていますが、外にいても快適~。

夏はもっぱら滝派でしたが、山と木々に癒されて大満足です。

それにしても人はアスファルトやコンクリにだけ囲まれて過ごすのはよくないなあと思いました。

自然がどうして人を癒すのでしょう。

気持ちが落ち着いて食欲も湧くしアルコールを飲んでもいっこも悪酔いしない!

それが本来の姿だからかな。

現代の生活では多くの人が大自然に囲まれて暮らすことはほぼ無理です。

だから時々行きたくなるのでしょうね。

どうやら今、キャンプが流行っているそうです。

経済的な事情もあるかもしれませんが、多くの人が山や海に行っての気持ちよさを味わいたいのでしょうね。

テントやタープの張り方が少し上手になったYでした。

syourakan.jpg

このページのトップ へ