和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2010年10月の記事

2010.10.30 これは、おいしい♪

最近まで本当に暑かったですが、そんな折に姉にもらった飲み物です。P1010916.jpg

P1010913.jpg

原材料を見ると、カナダ産はちみつと、瀬戸田町のレモン。これだけです。QBGのハニー&レモン。

水で5倍希釈して飲むのですが、炭酸でもおいしいし、これからの季節は湯割りもいいかも。材料がいいと、シンプル調理(?)が一番味わい深いものですね。

これなんと、販売元は静岡の会社。げげーんっですよ。地元瀬戸内の柑橘系が有名なのは知っていましたが、その良さと旨さに目をつけたのは他県でした。商品開発する・売れる為にはどうしてもその道の各プロが必要になります。いくら上手にレモンを作れても、売り出す手法を考えるのは別の発想と技能が必要です。

『いいものは世界を超える。』です。もっと『まじめな日本産』『手間暇仕事、日本産』を世界にうってでるべきなのになぁ・・・・と常々思います。発想と融合です。

先日TVで見ました。今、生物学の研究をされている各大学の教授・準教授の方々がデータベースを作成しています。『ヒントはいつも自然の中に』の発想です。例えばフクロウは滑空して着地するまで、物音ひとつたてないのですが、それを分析すると羽のまわりに渦流がおこっているから、らしいのです。この仕組みを異業種の商品開発や技術開発に利用する(例えば音のしない風車の開発など)仕組みづくりを今後進めていくらしいですよ。

その道のプロ同士が知恵を持ち寄って、異業種がかみあわさった時、『まだ世にない物』がまだまだ生み出せるのですが、これぞ日本の真骨頂といいますか、『資源はないけど知恵がある』で、世界に発信できますように。2寸

2010.10.21 便利なもの発見

わたしは体を洗う・顔を洗うのはもっぱら石鹸派なのです。もう切り替えて2年くらいたつでしょうか。

石鹸、いろいろ試して集めたり・・・使ってみたり。

近所のお風呂屋に行くときも、海外旅行に行くときも。

でもずっと不満だったのが、使った後のべろべろに濡れた石鹸を持って帰る方法です。

穴あき水切り付収納ケースだと水気が出ますし、ビニール袋に密閉するとビニール袋を捨てる羽目になります。

最近無印良品でいいものを発見しました。

単純なつくりなのです。ケースに固めのスポンジが両面についているだけ。

目からうろこな商品です。これが実にいいのですよ。収納したままで適度に水も切れて、家にかえったら開けて乾燥させればいいので、石鹸派には嬉しい商品です。

おためしあれ~っ。                                 2寸

無印石鹸箱.jpg

2010.10.14 お祭り

hana

祭りの季節です。今月は毎週のようにどこかで祭りの音がしています。

先日はうちの地域でも獅子舞やら御神輿が町じゅうを練り歩きました。

こういった伝統行事は私が子どもの頃に比べて少なくなり、ひっそりとしてきましたが、数年前から「俵もみ」(写真のおみこしをかついでいるの)なども復活してきました。その担い手は少ないといわれながら他地区から参加してくださる方もいるようです。地域住人としてもこうして賑やかに行事がとりおこなわれるのはうれしいものです。

うちの子なぞは友だちとキャーキャー言いながら1日中ついてまわりました。ご迷惑をおかけしました・・・。だからというわけではありませんが、楽しませてもらうばかりでなく、私自身も貢献できたらいいなと思った祭りの一日でした。(Y)

tawaramomi

2010.10.08 おひさしぶりに

ずーっとなんだかバタバタしていて、せっかくリニューアルしたのに、ブログを書いていませんで・・・。えへへ。

久々です。

その間に大規模リフォーム・水廻りリフォーム・新築・・・とドバーッと駆け抜けてきました。

先日10/1は上棟でした。長期優良住宅とあって、やはり申請に時間を要しました。こっちの許可がおりたら許可を添付して次はこの申請・・・という風に順繰りなために。でも、施主様にはお待たせしてしまいましたが、家の仕様・品質はとってもアップしたので、後々の快適さや過ごしやすさ、家のメンテナンスのしやすさなどは体感していただけることと思います。

今、室内に置く小物のための棚であったり、庭の花木であったり・・・を施主さんと一緒に考えたり調べたり中です。楽しい時間。日々進んでいく現場に毎日足を運んで下さいます。職人技術を見たり、裏話を聞いたりするのがとても面白いと言って下さいます。あぁこういうお施主さんは注文住宅にされて本当に大正解だなぁと感じます。つくる過程こそ、現場を見てこそ、『ここにフックを』『ここに棚を』をイメージできて思いつくのです。それにできるだけ応えるのは、私たち小さな工務店を選んで頂いたからには義務だと思っています。職人さんたちの大変さだとか、手間をかけるポイントだとか、家づくりの醍醐味は現場にあります。是非ご覧頂いて、家を大事にかわいがって頂きたいです。

毎回『世界に1つの我が家』を『精一杯つくろう』と気が引き締まります。施主様、完成まで楽しんでつくりましょう♪2寸上棟 (1).jpg

上棟 (22).jpg

上棟 034.jpg

2010.10.07 秋がきた

10月の声を聞いたとたん金木犀の香りがただよって参りました。

事務所前のバッタも数が少なくなりました。

つい最近まであんなに暑かったのがウソのようです。

このページのトップ へ