和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2010年11月の記事

2010.11.19 カビ☆バスターズ

先日、家内のカビ取りを依頼され、おばさん二人が行って参りました。

玄関、廊下と和室の壁(じゅらく)に広範囲に生息していたカビを退治しました。

               こちらが施工前の状態

s-モルドバスター 003.jpg

               施工後はこんなにきれいに♪s-モルドバスター 011.jpg今回使用したのはカビを分解する洗剤「モルド・バスター」

ジュラクの土壁にも効果があるくらいなので、タイルやメジ、プラスチックブロック塀などにはてきめんにききます。

こちらは「カビをこすることなく核菌の根元から死滅分解させ除去し、これに加えて防カビ処理を行い、長期間カビ発生を防止する」製品なのです。

こんど、自分の家でもお試ししてみます!!

s-モルドバスター.jpg

2010.11.12 テーブルリニューアル

えへへへ~。ナラ材のティーテーブルです。40年ものです。天板がへっぽこだったので、このたびリニューアルしてもらいました。ウォールナットの突板を貼ってもらいました。(突板は無垢材を薄くスライスした板です)

P1010944.jpgこちらの家具屋さん、親子で造作家具専門につくってらっしゃいます。店舗の什器、住宅や旅館の下駄箱からテーブルから・・・何でも作られます。初めて伺った時、庭が美しく手入れが行き届いていて、玄関にきれいな花が活けてありました。ご両親の日々の生活から、ごくごく自然にすごくセンスを磨かれていったんだな~と感じ入るものがあり、この会社は本物に違いないっと思ったのです。やっぱり大当たりでした。職人気質っぷりはすごいです。月日を積み重ねて経験し、抜群の提案力と仕事のキレイさは群を抜いていると思います。

いつも私のクチャクチャのラフスケッチだけで思いをくみ取って製品にしてくださるので、(一方的にですが)仕事がやりやすいので助かっています。気配り、ツーカー、大切なものを教わります。

さて、新しいテーブルに似合う椅子も検討中。部屋の模様替えもごっそり検討中。(インテリアコーディネーターをそもそも目指した原点はココ♪小学生からの模様替え好きが高じて職業にしてしまった)

あぁいろいろ考える至福の時間です。試験が終わったら年末に向けてゴミ捨て兼ねて模様替え三昧です~。

                                                           2寸

 

 

2010.11.11 昭和の思い出

「子イカが鳴いた~♪」

なんのことだかおわかりでしょうか?

小学生の娘がくしゃみをした時に大正生まれの祖母がとなえた一言です。

朝の出がけだったので、訳のわからないまま家をでてきましたが、どうしても気になって電話して聞きました。

「イカはクスンクスン鳴くじゃろ。ほいじゃけ、くしゃみしたら『イカが鳴いた』いうて言いよったんよ。ありゃ~(娘のこと)子どもじゃけ、子イカよ。ははは」

「へえぇぇぇぇ~」と驚き、(私にとって)新鮮な表現に感動すら覚えました。いったいどれだけの人が、くしゃみをしたとき「イカが鳴いた」というのでしょう!!イカがクスンクスン鳴くと言われているなんてご存知でしたか!!

家族といえど、世代間の格差は異文化です。私はその異文化体験を聞くのが大好きです。

先日、「カキについて調べてくる」という宿題が娘のクラスででました。本で調べたり、家の人に話を聞いてくるということでしたので、私より漁業をしていた祖母のほうが適任だと、「おばあちゃんにきいといで」と。そして夕食の時分にもその話題になり、祖母らも昔カキ養殖を少しかじったことを初めて知りました。それは戦後すぐのことだったそうです。

現在、カキ養殖は筏をくんで沖でなされることが多いですが、当時は沿岸に松のクイを打ち込み、それに竹をわたし、木綿の糸を結びつけ、海に垂らして養殖していました。木綿だとすぐ腐ってしまうので、一本一本コールタールにつけて加工していました。それはそれは手間な割にもうけはそうでもなく、2~3年してやめてしまったそうですが。

昔の海の仕事は道具の手入れが大変でした。自然素材しかないわけですから、劣化との戦いです。海水に、太陽にさらされる木綿の網なんて、すぐにボロボロです。漁をする時間より網を直す時間に手がとられたくらい。昭和も30年くらいになると石油からできた化繊の網がでてきました。「丈夫でほんまに楽になった。」と祖母がシミジミ言います。だから祖母の化繊信仰は筋金入りです。私なんて、綿やら絹やら自然素材大好きですが、そんな経緯を思えば恵まれた時代に生まれたもやしっ子の薄っぺらな嗜好だなあと恥ずかしくなります。

たまに聞く祖母の昔語りはかなりおもしろいので、またブログに登場させます。(Y)

2010.11.06 構造見学会

本日は多くの方々に構造見学会にお越しいただきまして、

誠にありがとうございました。

 

IMG_1248.jpg

構造見学会は完成していないので、完成してから見えなくなる部分を見学できます。

(欠陥住宅で問題になる多くはこの見えない部分に問題があります。)

 

IMG_1249.jpg

オリジナル家具や無垢材の販売も大特価で行いました。

 

IMG_1265.jpg

おでんとおにぎりも大好評でした。

 

IMG_1221.jpg

皆さん食べてます。

 

こうして喜んでいただけるのが何よりうれしいです。

 

ありがとうございますgood

 

 

2010.11.04 見学会で販売する家具が完成しました。

家具の製作を頼んでいる野地木工さんのところに家具の受け取りに行ってきました。

 

FSCN6033.jpg

杉の足場板を使った組立式のベンチです。

 

FSCN6032.jpg

脚と天板の細工がカッコいいです。

FSCN6031.jpg

脚と天板の細工です。片方の足にねじ一本を締めるだけの簡単な仕組みになっています。

足元も微妙に曲線になった切込みが、デザインのポイントになっています!!

 

FSCN6030.jpg

出来上がった棚とテーブルの脚です。

 

皆様、実物を楽しみにしていてください!!

2010.11.04 冬支度

s-kagura 001.jpg

先週の日曜日、こんな景色のいいところへ行って参りました。

岩国市錦町のとある集落です。当社の大工さんが神楽を舞いました。

s-kagura 028.jpg

子どもたちがかぶりつきで見ています。驚いたり、怖がったり、はやしたててみたり。おもちゃの刀で大蛇をつついてみたり。

最近の神楽ブームを受けてか、好きな子どもが多いような気がします。私たちが子どものころ、こんなに熱心に見ていた子どもがいたというような記憶がありません。今時の子どもには新鮮なんでしょうね。私も今なら興味津津で鑑賞していますが。

毎年秋に行われるこの「沼田ふれあい祭り」では神楽鑑賞はもちろんのこと、うどんがおいしい!ちょっとゆずを利かせた肉うどんが肌寒いこの季節にしみるんです。また、きれいな水と空気に育まれた野菜も販売しています。行き帰りの山々の景色も美しく、ドライブにはもってこいですよ。

話は変わりますが、急に寒くなってきたので、コリャイカンと障子を張替ました。

障子の張替と大掃除は季節の良い時にすることに決めています。ついでにカーペットを敷いたり、遅い衣替えをしたりこたつをだしたり、冬支度をしました。

寒いのはキライですが、季節が変わるのはワクワクしてします。(Y)

 

 

 

このページのトップ へ