和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2011年4月の記事

2011.04.21 由宇にこんなにかわいいお店がオープンしました!!

先日、外構も完成したM邸の奥様もお手伝いをされるお店「M Gradation」が由宇の商店街にオープンしました。

早速、行ってきたのでレーポートします。

①.jpg

 お店の名前

 M Gradationee eeeeeeええeeえええ 

・営業時間

 9:30~16:30

・お休みの日

 土・日・祝

・取り扱い

 インテリア・キッチン・ステーショナリー・ガラス・陶器・アイアンなどの雑貨や、

 ハンドメイド品委託販売、フェイシャルエステ・ネイルなどもあります。

・問い合わせ

 TEL 090-1189-8395

・場所

 岩国市由宇町中央1-5-17

 

かわいい雑貨がいっぱいの店内

地元の作家さんの陶器や消しゴム版画、オーナーさんの手作りアクセサリーも素敵です!!

②.jpg

 

昔の商店をかわいく改装した店内 (ほとんど自分たちでつくられました。ホントスゴイ!!)

③.jpg

私は手づくりのガラス製パスタ入れを購入 。同行者もガラス作家さんのコップとお菓子を購入し大満足です。

 フェイシャルエステやネイルも店内で出来る素敵なお店なので、ぜひ行ってみてください!!

 

2011.04.20 駅がすき

私はJRで通勤しているので毎日岩国駅で乗り降りしています。岩国駅舎はおそらく戦後すぐ、昭和20年代に建てられたものでしょう。

古い駅舎といえば洋風建築の西岩国駅が有名で国の登録有形文化財にしていされているほどです。そんな優雅な西岩国駅もよいのですが、普通の岩国駅が好きなんです。最近建てられた駅にはない、木で作ってあるのがいいのです。跨線橋の壁だとか、ホームの倉庫だとかが白いペンキを幾重にも塗ってあるがまた剥がれてきている感じだとかが陶酔するほどによいのです。また、鉄もよくつかわれています。跨線橋はどうやら古いレールで作られているようです。こちらも素材に存在感があって私をうっとりさせてくれます。

普段から、古い宮島口駅、玖波駅、大竹駅を通るたび、「ええな~。こわさんといてほしいな~。」と願いながら通勤帰宅しています。

そんな私が先日借りてきたDVDでみたのが、野村芳太郎監督松本清張原作1958年公開映画の「張り込み」

警視庁の刑事が犯人が現れる可能性のある昔の恋人の家の前を張り込みするというハナシです。何度も映画やドラマになっているのでご存知の方も多いとは思います。その冒頭は刑事が列車に乗り、東京から九州の佐賀市まで行くシーンではじまります。現在のように新幹線もない頃のこと、夏の暑い盛りに冷房もなくほぼまる1日直角の座席にゆられている様子は何十年か前とはいえ同じ日本とは思えず、ワクワクします。(気がつけば、新幹線もあり、飛行機も普通に飛んでいた時代に生まれ育ったので・・・)そこにちょこちょこ現れる古い駅、私が毎日見ている駅を思いださせ、「以前はつくりが同じようなもんだったのだな~、そりゃそうよね~、普通の駅なんてなかなか凝った作りにしてもらえるはずもないわよね~。デザインは同じようでも素材が本物なのでなぜかしらイヤな気持ちにはならないよね~。」と、あらためて古い駅達LOVEになりました。

映画はおもしろかったです。それも張り込みをする旅館や張り込みをされる家や生活スタイルにくぎ付けでした。

現在の家にはない、外に対して、いたってオープンな作りと生活は私たちの行く末について何か示唆をしてくれているように思えてなりません。再考の余地ありです。

駅跨線橋.jpg

2011.04.05 庭のウッドデッキとレインタンクのススメ

植栽に引き続き、大工さん出動でウッドデッキをつくりました。出幅は2m50cm。この寸法が大切なのです。暮らしてみるとわかって頂けるのですが、椅子やテーブルを置く可能性があるならば、よけて歩くスペース・椅子を引くスペースなどなど必要・・・ということでご説明して確保した出幅です。デッキの下は腐り防止・湿気防止に土間コンクリートを打設。

IMG_0175.jpg幅広の杉板、木目が出てキレイです。和室からは濡れ縁・リビングからはウッドデッキ。そしてこの2つをドッキングさせて、行き来できるようにプラン変更しました。

IMG_0174.jpg

三角階段部分は上がり降りの他に、腰かけてぼんやり庭木を眺めたり・・・。反対側にも階段があって、家庭菜園・こどもたちの砂遊び場に降りられます。

IMG_0171.jpg

木材保護塗料(2度塗り、メンテナンス一切不要なのでウッドデッキや外部木部に適役)を塗ります。最初のうちは何も塗っていない??とよく聞かれますが(笑)日にちが経つにつれて濃いこげ茶に変化し、更に月日を重ねるとシルバーの風合いに変わります。まるで数十年もそこに始めからあったかのように馴染みます。

リビングからみると、床が延長されたように見えるので広がり感が増します。上にバルコニーがあるので雨のかからないエリアも確保できたり、室内に対して日よけの役割も果たします。

IMG_0173.jpgさてこちらは何でしょうか?雨水を樋から貯めて、庭木の水やりに利用する【レインタンク】といいます。。一度中川新聞にも商品紹介したことがあるのですが、これがあると長~いホースを引っ張らなくても大丈夫。コックの下にバケツやジョウロを置いてコックをひねるだけです。容量はいくつか種類がでています。後からの設置も簡単にできるので、上手にエコ生活をしてはいかがでしょうか?

生活を楽しむ土壌が整ってきました。ワクワクします~っ。happy02        2寸

このページのトップ へ