和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

ブログ

2011年7月の記事

2011.07.27 続・T様邸基礎工事

前回に続き、暑い中一生懸命に工事を行っています。

 

IMG_1799JIO配筋検査.jpg

第三者機関によって 鉄筋が図面通りに組まれているかを検査しています。

 

IMG_1803土間コン.jpg

 ポンプ車によるコンクリート打設。

 

IMG_1806.jpgのサムネール画像

振動を与える機械を使ってコンクリートがまんべんなく全体に行き渡るように工事をしています。 

このコンクリート打ちの後は、立ち上がりのコンクリートを打つ為の型枠を組み、その部分をコンクリート打ちします。

この続きはまた、報告を致します。

(森)

2011.07.26 七輪

アナログテレビを見送った日の夕方、七輪の使い初めを致しました。

七輪.jpg

欲しくて欲しくてしょうがなかった七輪を先日やっと購入しました。

着火剤を使わないで新聞紙だけで火をつけるのに感動しました。毎日火だけでも起こしたい衝動にかられます。

野菜とソーセージだけのバーベキューが済んだ後、残り火でお茶も沸かしました。いつものルイボスティーもおいしくなっているに違いない。

こうなってくるとかまども試したくなってきました。

どなたかかまどをご希望のお施主様はいらっしゃらないものでしょうか。

しかし、かまどでご飯を上手においしく炊くのはかなり難しいらしく、江戸時代には飯炊きという専門職もあったそうです。

また、使用人を何人もかかえる大店では飯炊きのうまい人が選抜され、みんなのご飯を炊いていたそうですから、おいしいものを食べるにはそれなりに手間もかかるものなのですよね。

七輪で火をおこしてわ~い♪といっているようではまだまだです。これからも精進いたします。(Y)

2011.07.20 T様邸の基礎工事が始まりました。

ブログ用.jpg

基礎工事が始まりましたhappy01

 

①遣り方(写真参照ー木枠)

②掘り方(基礎の形状に合わせて地面を掘る工事)

③砕石敷き均し及び転圧を行います(写真の状況)

そして、これから防湿用にシートを敷いて、鉄筋を組んでいきます。

 

暑い中を職人さんたちががんばって工事を行ってくれていますsun

(森)

2011.07.14 我が家のゴーヤ

暑いです。梅雨明けの声をきいてからすっかり夏です。

今夏、うちでは蚊帳をつったり緑のカーテンを作ったり、庭にはビニールプールを設置したりとものすごく夏を満喫中です。

ゴーヤも収穫でき始めたこの頃、なんだかうちのゴーヤの葉っぱが元気がありません。

s-ゴーヤイネ 008.jpg

s-ゴーヤイネ 006.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 画像では分かりにくいかもしれませんが、葉が黄色っぽく、上の方は葉がまばらです。これでは日射しを遮ることができません。

そこで対策

●ゴーヤの栄養障害

 この時期のゴーヤによくみられる症状に葉の葉脈だけが緑色で、それ以外が黄色くなってしまうことがあります。

 このような場合は、マグネシウム不足が深刻化しています。そうなると植物は光合成の働きが弱り、充分なエネルギーを得ることができなくなります。マグネシウムの入った液体肥料を葉面に散布してみましょう。(500倍に薄めてスプレー)

 また、葉全体が下葉から黄色くなってくることがあります。このような場合は、窒素不足が考えられます。窒素を多く含んだ液体肥料を葉面に散布してみましょう。(こちらも薄めます)

●土の状態を見て中耕を

 植えつけの時にはふんわり入れたはずの土がこの時期になってくると、かなり硬くなってきているはず。そんなときには、移植ごてやスプーンなどで土の表面を軽く耕し、土をほぐしてあげましょう。この作業を中耕といいます。

 しっかりと花をさかせ、実をつけるためには、新たな栄養だけでなく、根には新鮮な空気も必要なのです。

                                                             以上「緑のカーテンの育て方・楽しみ方」より

うちのゴーヤちゃんは葉全体が黄色くなってきているので窒素不足と思われます。早速肥料をスプレーだ!

2011.07.12 地盤改良の巻

本日はT様邸の地盤改良を行ないました。

 

◆地盤改良とは

埋立地などの地盤が軟弱な土地の場合に行なう工事で、建物が建つ前に行なう工事になります。

◆地盤改良の種類

 ・杭打ち:杭を固い地盤まで打ち込む工法

 ・コンクリート杭(柱状改良):穴を開けてコンクリートを流し込む工法(杭は地盤との摩擦で沈下を防ぎます)

 ・表層改良:表土とコンクリートを混ぜて地盤の1mくらいをカチカチに固める工法

大きく分けてこの3つの方法があります。

今回行なった地盤改良はコンクリート杭のように摩擦で地盤の沈下を防ぐ「天然砕石パイル工法」です。

hyspeed01.jpg

 

鋼管やコンクリートを使わない工法なので環境破壊にならないところや

東日本大震災でも話題になった液状化現象に強い工法です。(被災地でも効果は実証済みです)

※良い工法ですが、使えない地盤の場合もあります。

 

それではリポートしますkaraoke

 

掘削全景.jpg

こんな重機で施工します!!

 

ドリル先端.jpg

ドリルの先端はこんな感じです。

掘るだけではなく、先端を振動させて砕石を固めることもします。

 

掘削開始.jpg

掘削開始です。

今回は1.5m掘ります。

 

砕石投入.jpg

砕石投入!!

 

砕石転圧中.jpg

ドリルで転圧しながら、砕石を入れていきます。

結構すごい音と振動です。

 

杭打ち終了.jpg

しっかり杭が打てました。1本目終了。

時間にして20分くらいです。

今回は22本打ちます。

 

友情出演の㈱平和運送の藤田さんです。

こうして現場も出ますが、営業もします。

熱いトークが当社の社内でも有名です。

きっと、このブログの間違いや甘いところの指摘もあるんだろうな!!

2011.07.12 非電化製品


節電を調べているといきあたったのが非電化製品。

電化製品よりもちょっと手間はかかるけれど、立派に役目を果たす製品の数々を発明しておられる方がいらっしゃいます。

例えば非電化冷蔵庫

非電化冷蔵庫正面.jpg非電化冷蔵庫前.jpg

外に設置して効果を発揮するのです。

非電化冷蔵庫しくみ図.jpg

非電化冷蔵庫の原理

冷蔵庫に入れる物の熱は外に逃がし、外部からの熱は遮断すれば効率よく冷やすことができます。そこで、冷蔵庫の外周には熱伝導率の高い金属と水を使います。

貯蔵物の熱は貯蔵室の金属を介して周囲の水に伝えられ、水に伝えられた熱は自然対流で上部に移動し、放熱板から外部に輻射されるという仕組みです。

置き場所は太陽の直射光が当たらず、夜空がよく見えるところ、青天の夜が3日に1日以上あれば真夏の昼でも庫内を7~8℃くらいに維持できる構造です。

冷蔵庫は家庭で消費する電力が三番目に多い家電だけに電気がなくともここまでできるのか~と、感動しました。

他にもいろいろあります。いろいろご覧になりたい方は非電化工房のHPへ

http://www.hidenka.net/jtop.htm

                                                            画像は 藤村靖之著「愉しい非電化」洋泉社 より

2011.07.04 みやじま国際パワートライアスロン

110703_093702.jpg

私の雄姿(??)です。

110703_100029.jpg

スタート前の鳥居周辺です。

 

せっかく出場したので、ご報告いたします。

 

7月3日(日)くもり

みやじま国際パワートライアスロンは開催されました。

スイム(水泳)2.5km

バイク(自転車)55km

ラン(走る)20km

トライアスロンにしては距離は短いのですが、高低差の激しいコースなので選手にとってはとても辛いコースです。

 

私はリレーチームの第一走者のスイムで出場しました。(2年前はバイクで出場)

宮島の鳥居をスタート地点に対岸までの2.5kmを70分で完泳しました。

 

記録はたいしたことありませんが、何もかも初めての経験だったので、

完泳だけでも嬉しいです。

 

チームとしてはバイクでアクシデントがあり完走とはなりませんでしたが、

大満足です。

 

今日から日常です。今度は仕事に精をだすぞ~!

って、今までもちゃんとしてます。

2011.07.03 地鎮祭行いました

すごくおひさしぶりに書きます。新築・リフォームと有難いことに目白押しでありまして、ものすごく2カ月くらいドバーッと駆け抜けていました。

先日あいにくの雨でしたが神社で地鎮祭、現地で土を四方にまきました。

     P1030412.jpg                                                                               

P1030424.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

地鎮祭、現地で行うバージョンしか知らなかったのですが、岩国に来て初めて神社で行うバージョンを体験。神事も地域柄がありますね~。

T様の工事の無事と家の繁栄をお祈りしました。

神事といえば神主さんの衣装・・・色は決まりがあるのかな?と調べましたが、地鎮祭などでは特に決まりはないそうで。正装の時は決まりがあるらしいですが、地鎮祭は常装〔狩衣〕なので禁色以外は自由なのですって。夏は涼やかな水色、藤色系統をよくお見かけします。

暑い時期の上棟となりますが、素敵な家をいっしょにつくりあげて参りましょう。楽しみでーす。個人的にはコーディネート業務がギュギュギューッとできるこの時期、設計図を眺めてはうっとりするこの時期、至福の時なのです。あたしゃ本当に建築バカだ・・・仕事が趣味だ・・・と我に帰るのですが(笑) 

完成までどうぞ宜しくお願い申し上げます。   2寸

このページのトップ へ