和ごころのある住まいを。

0120-0827-39

Q&A

仕様やインテリアの話

照明器具の種類と向く場所、賢い省エネな選び方を教えて!!

住宅用の視点でお話します。
大きく分けると白熱灯と蛍光灯と最近ではLED。
白熱灯は入切回数の多いところ(廊下・ホール)水廻り(浴室・洗面・トイレ)食事やくつろぎ空間に適します。電球は寿命が短いので、クリプトン球などが長持ちで人気です。
柔らかい、暖かみのある黄色でリラックス効果や女性の肌をきれいにみせる効果もあります。日本人は他人種に比べて目の感度が格段にいいので『暗い』と感じることも。ただし2011年をもって製造中止を発表したメーカーもあり、地球環境問題とリンクして今後は減っていく器具です。
蛍光灯は寿命が長く、さわやかな照明。パッと付くインバータや、蛍光灯なのに黄色を演出したもの、虫が寄りにくいもの、など多種開発が進みました。高照度で省エネですので長時間滞在する居室に向いています。
LEDの器具はまだ少し高価なイメージと『暗い』と感じることもありますが、未来を担う器具と言われています。エコ&省エネという点では蛍光灯の上ですので、暗いという課題を克服できれば普及して価格は下がってくるでしょう。各メーカーによってデザイン・感じ方が異なりますので、バランスの良いおススメメーカーをお問合せ下さい。

今は1室1灯のレイアウトよりも建築化照明と言って壁や天井に見えないように仕込んだ間接照明が人気です。これらは器具の交換も考慮の上配置するのですが、通常は見えない事が前提なので、配置や寸法を解っている建築家や専門家にご相談下さい。ベースは蛍光管などを使用するので安価に仕上がります。
また、ダウンライト等の埋め込み器具を集中させて大きなシーリングの代わりにする・・・といったスッキリした演出方法になってきました。
[※器具別呼称]  ・シーリング・・・天井付  ・ペンダント・・・天井ソケットからぶら下げ  
・ブラケット・・・壁付  ・ダウンライト・・・天井埋め込み 等

照明は空間と器具サイズのバランス、年齢や作業別の必要な明るさ、そこに向くランプや熱源の種類、壁の色や素材、配置や調光・・・と同時に検討することが沢山あります。
好きなデザインの傾向とその空間での過ごし方のイメージを伝えて、いったんプロに預ける事をお勧めします。想像を超えた提案が出てきます。

カーテンの機能と今時の流行を教えて!!

壁紙、カーテンは毎年の色と素材の流行りの影響をいち早く反映します。現在は『機能性』を備えた物が人気です。機能面では、遮光・洗える・中が見えにくい等。レース・シアーでは色もの・プリント柄ものは人気です。柄は抽象的なものよりもライン、ドット、絵がはっきりしたものが多くなりました。色は白~ベージュ~濃い茶・グレー・紫への展開が多色に増えました。吊り方も厚地(ドレープ)と薄地(シアー・レース)を逆順にして窓際が厚地で手前が薄地・・・という、柄を外部に見せる方法も出現しています。
ゴシック・モダン・ニュアンス・光る・・・という『かっこいい』路線が流行ですが、もちろんナチュラル・輸入テキスタイル路線も健在です。好みが多様化しているので、ご自身の好きなインテリアの写真を1枚お持ち頂けると好みがよく伝わります。

家具は作れるの?おススメの家具屋さんは?

1.造作家具製作・2.既製品家具埋め込み・3.新規家具購入 共に可能です。
お客様のご予算とニーズ(素材・機能・存在感のあり方)を伺って、プランニングの段階から家具への考え方も反映してゆきます。『収納』のためであれば1.か2.がお勧めです。造作家具ならばその道のスペシャリストが打合せに参加して素材の使い方や形も加えてオリジナル色豊かな提案をします。既製品家具埋め込みはリーズナブルかつ必要収納が確保できて人気です。家具購入で多いのはアンティーク品やソファ・ベッド・ダイニングテーブルといった物です。中国5県+近畿+関東のショップ情報でしたらテイスト別にご案内します。最近はネットでの販売も手助けとなり、多くの商品が流通可能になりました。実際購入の際に気をつけて欲しいのはサイズです。空間に入れた時に窮屈な感じがしないか・・・室内への搬入経路はあるか・・・を確認してから購入して下さい。

ショールームに行きたいけど何を見たらいいのか分からない・・・

弊社社員が同行して宜しければ、メーカー別の得意・不得意と、価格バランスの良いお勧めの商品をご案内します。また、照明による色の見え方や、床や壁との相性や色合わせなどもサンプル持参してアドバイス致します。
ご自身単身でいらっしゃる場合は、事前にお好みや求める機能などをお伺いしてからお勧めのショールームをピックアップして地図と見どころをお伝えします。
また、ショールームは予約をしてから行かれると、案内説明ポイントを絞って聞くことができます。予約なしで行かれると、混み合う土日祝日などはご案内の方不在・・・という状況にもなりますので、一声かけて下されば弊社で予約を行います。
ショールームは水曜日定休日のところが多いのと、新商品入れ替え等で数日閉まる場合もございます。事前のご確認をお勧めします。

このページのトップ へ